ティッカーシンボル(ティッカーコード)とは?意味を徹底解説【仮想通貨用語】

ティッカーシンボル(ティッカーコード)とは?

ティッカーシンボル(ティッカーコード)とは、株式市場における上場企業の銘柄を識別するために使われるアルファベットコードのことをいいます。ナスダックやニューヨーク証券取引所などのアメリカ証券取引所や欧州・アジアなどの取引所でも使われています。

また、仮想通貨取引所における銘柄ごとにもティッカーシンボル(ティッカーコード)が使われています。ティッカーシンボル(ティッカーコード)が使われている具体例としては、以下の銘柄が挙げられます。

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • BTC(ビットコインキャッシュ)
  • LTC(ライトコイン)

なお、BTC(ビットコイン)について詳しく知りたい方は、下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

仮想通貨のビットコイン(BTC)を徹底解明!特徴&今後の将来性&おすすめの取引所について

ETH(イーサリアム)について詳しく知りたい方は、下記の記事もご覧ください。

仮想通貨のイーサリアム(ETH)を徹底解説!特徴&今後の将来性について

BTC(ビットコインキャッシュ)について詳しく知りたい方は、下記の記事も参考にしてください。

仮想通貨のビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)とは?特徴&今後の将来性を解説!

LTC(ライトコイン)について詳しく知りたい方は、下記の記事も参考にしてください。

仮想通貨のライトコイン(LTC)を徹底解明!今後の将来性やおすすめの取引所を紹介