仮想通貨のビットコイン(BTC)を徹底解明!特徴&今後の将来性&おすすめの取引所について

仮想通貨はここ数年ずっと話題になっています。特に投資として注目されていて、実際に自分でも仮想通貨を買ってみたいと考えている人は多いのではないでしょうか。

そのような人がまず注目するものがビットコインです。ビットコインは仮想通貨の中でも最も有名なものであり、一番取引されています。世界中の人達が売買を繰り返しているのです。

ビットコインはさまざまなメリットがあるために多くの人に利用されています。投資として活用するだけではなく、実用的な通貨としても利用されているのです。

そこで、この記事ではビットコインとはそもそも何なのか、どういった特徴があり、今後の将来性はあるのかといった点について徹底解明していきます。また、ビットコインを購入できるおすすめの取引所についても合わせて紹介します。

  • ビットコインは仮想通貨の中で時価総額が最も高い
  • 半減期の価格変動に注目
  • これからも価格が上昇する可能性が高い
  • ビットコインを購入するならコインチェックがおすすめ!

仮想通貨のビットコイン(BTC)とは?

ビットコインとは仮想通貨の1つです。ビットコインは世界中で日常的に利用できる通貨として作られました。

あくまでも仮想的に存在する通貨のため、紙幣や硬貨という形で所有できるわけではありません。電子的に存在するものなのですが、実際にビットコインを使ってさまざまな商品やサービスの売買ができるようになっています。

今では実際の円やドルよりも利便性が高いために注目されていて、これからの将来性も高く期待されているのです。

ビットコインは電子マネーのようなものだと考える人がいるかもしれませんが、それは違います。ビットコインは電子マネーのように端末で円をチャージするといった使い方をするのではなく、ビットコインそのものが一つの通貨なのです。

そのため、これからビットコインを入手したい場合には、円から両替する必要があります。通貨が実体として存在していないだけで、それ以外については基本的に円やドルのような通貨と同じものと考えましょう。

仮想通貨のビットコイン(BTC)の特徴

ビットコインには以下のような特徴があります。

こちらの箇条書きの書き方はビジュアルエディターで、リストアイコンをクリックした上での書き方になります。
実際には以下の様にulとliタグを記述してあげる必要があります。

ビットコインの特徴
ネットワークで管理されている
マイニングできる
ブロックチェーン技術を用いている
金融機関を活用せずに送金できる
時価総額が1位
独自のコンセンサスアルゴリズムを採用
多くの企業と提携している

それでは、順番にみていきましょう。

ネットワークで管理されている

ビットコインは中央で管理されているタイプの通貨ではなく、ネットワークを利用して管理されている通貨です。新しい通貨の発行や取引の詳細情報についてはすべてがネットワーク上に分散して保存されています。

過去の取引記録は分散してすべて保存されており、それらの記録は可視化されているのが特徴です。

そのため、二重払いや通貨の偽造といったトラブルを防ぐことができます。記録されるものはあくまでもビットコインの取引に関するものであり個人情報が記録されることはありません。

マイニングできる

ビットコインの大きな特徴の一つとしてマイニングがあります。ビットコインは取引記録を一定期間ごとに取引台帳へと追記していきます。この追記にはネットワーク上に存在するコンピューターリソースを活用しているのが特徴です。中央で管理しているわけではないため、取引データの記録や計算といった作業について、有史のコンピューターリソースを借りています。

このときに、実際にコンピューターの計算処理を助けてくれた人に対してビットコインを報酬として支払うのです。報酬として支払われるものは新しく発行されたビットコインです。

この一連の過程のことをマイニングと呼びます。マイニングによって稼ぐことができるため、投資目的でチャレンジする人は多いです。ただし、マイニングによって無限に新しい通貨を発行できるわけではありません。発行総量があらかじめ決められているからです。

ブロックチェーン技術を用いている

ビットコインはブロックチェーン技術を採用しているのが大きな特徴です。ブロックチェーン技術はビットコインの取引が記録される分散型台帳を実現するために開発されました。取引のデータはトランザクションと呼ばれ、複数のトランザクションをまとめてブロックと呼びます。このブロックを鎖状にしたデータ構造がブロックチェーンです。

ブロックチェーン技術を用いるとネットワーク内の不特定多数の参加者が取引データを監視できます。そのため、二重支払いが発生したとしてもすぐに不正が発覚して、その取引データは無効となり破棄されるのです

金融機関を活用せずに送金できる

これまで海外とお金のやり取りをする際には銀行を利用するのが一般的でした。そうなると銀行のシステムを活用することになり処理に手間がかかったのです。また、送金の際に為替コストがかかり、さらに手数料も請求されました。

一方、ビットコインの場合は海外にいる相手とも直接通貨のやり取りができます。直接相手方にビットコインを送金することが可能なのです。金融機関を仲介せずに送金できるのはこれまでの通貨にはなかった大きな特徴といえます。手数料も発生せずコストメリットがあるため、ビジネスでも積極的に活用されているのです

時価総額が1位

仮想通貨の代表格であるビットコインは時価総額が1位です。2021年3月11日にはビットコインが時価総額1兆ドルを上回りました。ビットコインの時価総額が初めて1兆ドルを超えたのです。

これは他の仮想通貨を大幅に上回っています。時価総額の2位であるイーサリアムの5倍以上の時価総額です。圧倒的に差がある状態のため、今後も時価総額1位の仮想通貨はビットコインのままでしょう。

それだけビットコインは信頼されていて、実際に購入している人がたくさんいて、価値が認められている証拠といえます。

独自のコンセンサスアルゴリズムを採用

ビットコインはプルーフ・オブ・ワークとナカモト・コンセンサスという仕組みを採用しています。マイナーと呼ばれている複数のノードがマイニングを行ってブロックが生成していくのがプルーフ・オブ・ワークです。

そして、プルーフ・オブ・ワークを積み重ねていくことでブロック数が最も多くなったチェーンを正しい取引記録であるとみなします。これがナカモト・コンセンサスです。このような合意形成のルールを採用していてセキュリティ性を高めています

多くの企業と提携している

ビットコインは世界的に認められた仮想通貨のため、数多くの企業と提携を果たしています。その結果、さまざまな企業のサービスでビットコインを活用できるようになっているのです。

また、ビットコインを決済に利用できるサービスはすでに数多く存在しています。次々に多くの企業がビットコインとの提携を成立させているからです。そのため、ビットコインは普通の通貨として便利に使えるようになりました

仮想通貨のビットコイン(BTC)【今後の将来性】

ビットコインの将来性についてはさまざまな観点に注目することが大切です。その1つが半減期です。ビットコインは21万ブロックが生成されるごとに半減する仕様になっていてそのタイミングを半減期と呼んでいます。

半減期になると新規の通貨発行量が減少するために価格が上昇するのです。前回の半減期は2020年5月であり、それから2021年3月までに価格が上昇しました。次の半減期は2024年になる見込みのため、その後で再び価格が大きく上昇すると予想されているのです。

ビットコインはカナダでETFの承認を受けました。ETFとは上場投資信託のことであり、ビットコインで運用できるファンドのことです。カナダでビットコインのETFが認められたことによって、今後は別の国でもETFが承認される可能性が高まっています。これによって、さらにビットコインの価値が高まり価格も上昇するとされているのです

現在、アメリカではビットコインによる決済が拡大しています。たとえば、アメリカにある大手取引所のCoinbaseはWeGiftと提携しました。WeGiftはギフトカードサービスを展開している企業であり、この提携によってビットコインを使って120種類ものギフト券を購入できるようになりました。

また、アメリカにはビットコインを利用できるATMも登場しています。アメリカでは日常的に使える通貨としての価値が高まっているのです。

このように将来性については明るい未来を予想できるでしょう。そのため、安定して価値が上昇していくはずです。

仮想通貨のビットコイン(BTC)【おすすめの取引所】

ビットコインは多くの取引所で扱われているのですが、その中でもおすすめできるのがコインチェックです。コインチェックの特徴を紹介しましょう。

コインチェック(Coincheck)がおすすめ

ビットコインを取り扱っている取引所の中でも特におすすめできるのがコインチェックです。コインチェックにはさまざまなメリットがあるからです。

コインチェックは初心者にもわかりやすいデザインを重視しています。サイトやアプリ上で取引することができ、初心者でも直感的に理解しやすくなっているのが特徴です。

そのため、これまでに仮想通貨を利用したことがなかったとしても問題ありません。簡単な操作ですぐに売買ができます。アプリをダウンロードすることでスマホ上からいつでもチェックできるのもポイントです。そのため、外出先であってもコインチェックのチャートを確認して売買できます。

コインチェックでは日本円からビットコインを購入できるのが大きなメリットです。コインチェックだけではなく全部で15種類の仮想通貨を取り扱っていて、すべて日本円で取引できます。

また、安全性の高さもおすすめできるポイントの一つです。コインチェックを運営しているのは東証一部に上場しているマネックスグループの完全子会社です。代表取締役を務めているのもマネックスグループ出身の人物となっています。世界的に知られるマネックスグループの会社が運営していて、メディアでもよく取り上げられているため信頼度はとても高いです。

コインチェックは実際に多くの人が利用していて情報がたくさん出回っています。そのため、コインチェックの利用の仕方についてはネット上で簡単に情報を集めることができて困ることはないでしょう。

このようにいくつものメリットがあるため、ビットコインの取引をしたいならばコインチェックを利用してみると良いです。

仮想通貨のビットコイン(BTC)に関するQ&A

 ビットコインに関する疑問について回答しましょう。

仮想通貨のビットコイン(BTC)の送金手数料はいくら?

ビットコインを送金する際には手数料が発生します。基本的には500円から5,000円程度と考えましょう。送金手数料については取引所ごとに異なっています。そのため、これから取引所を選ぶ際には手数料に注目してみると良いでしょう。

仮想通貨のビットコイン(BTC)の現在の価格は?

ビットコインの価格は2021年3月時点で600万円台になっています。ただし、値動きは激しくなっているため、その時点での価格をチェックしないと意味がありません。

ビットコインはさまざまな要因によって価格がどんどん変動していきます。そのため、これから購入したいと考えているならば、タイミングを見極めることが大切です。

まとめ

ビットコインは仮想通貨の中でも最も有名な銘柄であり、時価総額は1位となっていて価格は600万円台に達することがあります。そんなビットコインはブロックチェーン技術を用いていて、マイニングにより新しい通貨を発行できるのが特徴です。

さまざまな企業との提携が進められていて、日常的に利用できる通貨として定着しつつあります。今後の将来性が期待できる仮想通貨といえます。

そんなビットコイン購入できるおすすめの仮想通貨取引所はコインチェックです。初心者の方でもかなり使いやすいため、すぐに使いこなすことができるでしょう。コインチェックを利用して、資産を上手に増やしていきましょう。