ハッシュ値とは?意味を徹底解説【仮想通貨用語】

ハッシュ値とは?

ハッシュ値とは、ある情報を関数に当てはめて得られる固定長の値のことをいいます。

ちなみに、ハッシュ値を変換する関数をハッシュ関数といいます。このハッシュ関数では、入力値から出力値を算出することができます。ハッシュ関数の特徴としては、入力値の長さにかかわらず固定長の値を出力するものと、出力値から入力値を出力することはできない一方向性があります。

そんなハッシュ関数では、別の値を入力した時でも同じ値を得る可能性(耐衝突性)が問題となることもありますが、主流であるSHA2-256の場合は、2の256乗分の1という確率で同値が発生しています。ハッシュ値は、ビットコインでの場合トランザクション処理や電子署名などで使われています。