コンセンサスアルゴリズムとは?意味を徹底解説【仮想通貨用語】

コンセンサスアルゴリズムとは?

コンセンサスアルゴリズムとは、仮想通貨のブロックを追加する際の合意形成アルゴリズムのことをいいます。

ビットコインの基盤技術となる分散型ネットワーク場合、中央管理者が存在しないため、参加者全員で不正な取引を監視しています。そのため、ネットワーク内で行われる新規取引の正当性においては参加者が合意しなければいけません。しかし、この方法は中央集権型のネットワークよりも難易度が高くなるのです。

よって、分散型ネットワークはコンセンサスアルゴリズムを行い、取引の不正を防ぎながら新しい取引の記録を行っています。

ちなみに、この合意形成の方法は様々で、ビットコインの場合は「Proof of Work」と呼ばれる方法をとっています。Proof of Workとは、最も仕事をこなした記録者が管理者となって新しい取引を分散型台帳に記録して、他の記録者がその内容をコピーすることで台帳の内容を更新していくシステムのことです。

コンセンサスアルゴリズムには、Proof of Workだけでなく、以下のようなものもあります。

仮想通貨のコンセンサスアルゴリズム
  • Proof of Stake
  • Proof of Importance
  • Proof of Burn

これらにはそれぞれメリットもあればデメリットもあります。