草コインとは?意味を徹底解説【仮想通貨用語】

草コインとは?

草コインとは、世界中で数千種類以上あるアルトコインの中でも、時価総額が小さい仮想通貨のことをいいます。取引している人は少ないため草コインは流動性が低く、ボラティリティが高い特徴があります。そのため、かなりリスクが高い仮想通貨といえるでしょう。

しかし、今後の将来性がある草コインを見極め、時価総額が小さい段階で多くのコインを購入することができれば、一気に価格が高騰した時にそれだけ多くの利益を得ることができます。一般的には、有名な仮想通貨取引所へ導入されたり、仮想通貨自体が有名になることで価格は高騰します。そうなった場合、価格が高騰する前から保有することはかなり有利なのです。

草コイン投資は、投資の中でもハイリスク・ハイリターンの部類に入ります。そのため、草コイン投資を行う場合は、きちんとそのコインの将来性について情報収集をしなければいけません。また、リスク回避のためにも、少額投資をすることもおすすめです。草コインはどのコインが高騰するのか予想するのが難しいため、いくつかの草コインに分散して投資するといいでしょう。