公開鍵暗号(公開鍵・秘密鍵)とは?意味を徹底解説【仮想通貨用語】

公開鍵暗号(公開鍵・秘密鍵)とは?

公開鍵暗号(公開鍵・秘密鍵)とは、「公開鍵」と「秘密鍵」という2種類の鍵を使ってデータを暗号化し、復号する暗号方式のことをいいます。公開鍵とは、一般に公開されている、かつみんなが使うことができる鍵のことをいい、秘密鍵とは自分だけしか持っていない秘密の鍵で、その人しか使えないことをいいます。

公開鍵暗号は、主に「電子署名」と「データ暗号化」の2つの使用方法があります。具体的な方法としては、まずA君が自分の秘密鍵を使って手元のデータに電子署名し、暗号化します。同時に、公開鍵も公開することでみんながデータを確認できるようにしておきます。その際に、A君は暗号化する前のデータと暗号化したデータを同時に公開します。

そうすることで、他の人は公開鍵を使って、A君が暗号化する前のデータと秘密鍵で暗号化したデータを比較し、それらが同じであることを確認します。両者が同じであれば、その文書はたしかにA君のものであり、秘密鍵を用いた署名はA君しかできないことになります。さらに、署名後に改ざんされていないことも確認することができるのです。このように公開鍵暗号方式を活用することによって、安全な取引を実現することができます。

なお、ビットコイン取引では、コインの所有者が保有しているビットコインアドレスを使って行いますが、このアドレスごとに公開鍵と秘密鍵は存在しています。ビットコインをaアドレスからbアドレスに送金する際は、aアドレスの秘密鍵がなければいけません。なぜならば、万が一秘密鍵が他の人の手に渡ってしまうと、自分のアドレスから勝手にビットコインを送金されてしまう危険があるからです。

そのため、ビットコイン=秘密鍵といっても過言ではありません。ビットコイン取引の際は秘密鍵のセキュリティが重要視されます。

そんなビットコインについて詳しく知りたい方は、下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

仮想通貨のビットコイン(BTC)を徹底解明!特徴&今後の将来性&おすすめの取引所について