オンチェーンとは?意味を徹底解説【仮想通貨用語】

オンチェーンとは?

オンチェーンとは、ブロックチェーン上に記録されている取引のことをいいます。例えば、イーサリアムをXアドレスからYアドレスに送金する場合、この取引はブロックチェーン上で完結しているため、オンチェーンの取引となります。もちろん、取引所などを経由しません。

一方で、イーサリアムをネムに変えたい場合は、基本的には取引所などの第三者を介する必要があります。そのため、オフチェーンによる取引を行わなければいけないのです。

しかし、最近ではこのクロスチェーン(異なるブロックチェーンをまたぐ取引)をオンチェーンで実現する「アトミックスワップ」という技術もあります。

このアトミックスワップができれば取引所などを介さずに、自由に異なる仮想通貨同士を直接交換できるようになります。

アトミックスワップについて詳しく知りたい方は、下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

アトミックスワップとは?意味を徹底解説【仮想通貨用語】