ライデンネットワークとは?意味を徹底解説【仮想通貨用語】

ライデンネットワークとは?

ライデンネットワークとは、マイクロペイメントを実現やトランザクションの処理速度を向上させるために、ブロックチェーンの外であるオフチェーン(ペイメントチャネル)で、トランザクションを処理する技術のことをいいます。そんなライデンネットワークは、イーサリアムのスケーラビリティ問題を解決するために開発されました。

ライデンネットワークでは、ペイメントチャネルを開いた者同士で、ERC-20規格トークンやイーサリアムの複数回取引を行い、最初と最後の取引だけをブロックチェーン上に記録するのです。ペイメントチャネルをつなぐことで、直接チャネルを開けていないその他のユーザー間でも高速かつ少額手数料で取引することができます。

例えば、AとB、BとC、CとDがペイメントチャネルでそれぞれつながっていれば、AとDは直接つながっていなくても取引することが可能です。その際に、AとDは、BとCのチャンネルを経由しているため、取引の途中でBとCにイーサリアムを盗まれるリスクもありますが、ライデンネットワークでは暗号技術によってそのリスクを防いでいるため、安全に取引することができます。