ERC-20とは?意味を徹底解説【仮想通貨用語】

ERC-20とは?

ERC-20とは、2015年に開発された、スマートコントラクトの共通規格を指します。ERC-20は、イーサリアムの開発コミュニティ全体の利便性を高めるために誕生しました。このERCは、イーサリアムの技術提案のことで、Ethereum Request for Commentsの略称です。

ERC-20が開発される前のトークンはそれぞれ特徴が異なっており、ウォレットや仮想通貨取引所で取り扱うためにはそれぞれのサービスに適合するようにシステムを調整しなければいけませんでした。

しかし、トークンの規格を統一するERC-20が採用されたことによって、新規発行されたトークンの取り扱いを開始することができるようになりました。

そんなERC-20を採用している主なトークンは以下の通りです。

  • VET
  • BNB
  • BAT
  • USDC
  • MKR
  • PAX
  • TUSD
  • OMG
  • ZIL
  • ZRX