KYC(Know Your Customer)とは?意味を徹底解説【仮想通貨(暗号資産)用語】

KYC(Know Your Customer)とは?

KYC(Know Your Customer)とは、直訳すると顧客確認のことです。顧客からお金を預かる銀行は、明確な方針と手続きを持って、これから口座開設を行う顧客の身元確認を行う必要があります。

具体的には、銀行で口座開設をする際の本人確認などが挙げられるでしょう。KYC(Know Your Customer)の目的は、マネーロンダリングなどの不正利用を防ぐことです。

仮想通貨(暗号資産)の場合は、仮想通貨(暗号資産)取引所で口座開設をする際に運転免許証やマイナンバーカード、パスポートなどの顔写真付き身分証明書やそれらの書類と顔が同時に写る写真の提出などのKYC(Know Your Customer)プロセスが設けられています。

最近では、ICO(Initial Coin Offering)に参加するためのアカウント開設でもKYC(Know Your Customer)プロセスが設けられています。仮想通貨(暗号資産)取引は匿名性が高いため、マネーロンダリングなどの不正取引に利用されるリスクが高いのです。そのため、KYC(Know Your Customer)は非常に重要な役割を果たしています。