仮想通貨のビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)とは?特徴&今後の将来性を解説!

仮想通貨のビットコインキャッシュは、ビットコインからハードフォークして生まれた仮想通貨です。名称から勘違いするケースがあるのですが、ビットコインとはまったく別物になります。そのため、ビットコインについて詳しいことを知っていても、ビットコインキャッシュについてはあまり知らない人が多いでしょう。

そこでこの記事では、ビットコインキャッシュとはなにかについて解説します。どのような特徴のある仮想通貨であり、今後の将来性はどうなっているのか、どこの取引所で取引できるのかなどをご紹介します。

これから取引する上で知っておきたい点をまとめてみたので、ビットコインキャッシュに興味のある人は是非最後までご覧ください。

仮想通貨のビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)とは?

仮想通貨のビットコインキャッシュは、2017年8月にハードフォークによって誕生した仮想通貨です。ハードフォークとは、ブロックチェーンのプロトコルに規定されている検証規則が変更されるアップデートのことです。アップグレードされた仮想通貨とアップグレードされなかった仮想通貨は2つに分岐します。そのため、ビットコインとビットコインキャッシュは別々に分岐した仮想通貨といえるでしょう

ハードフォークされた結果として2つに互換性がなくなっています。したがって、この2つはまったく別の仮想通貨といえるのです。取引所においても異なる通貨として扱われているため注意してください。

ビットコインは、2017年に需要が急増していました。そのために手数料が高騰して、送金速度は遅延していたのです。そこでビットコインとは別に開発を進めるコミュニティが誕生して、そこからビットコインキャッシュが出てきました。

このような経緯で登場したため、ビットコインと共通する点もあれば異なる点もあります。

仮想通貨のビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)の特徴

仮想通貨のビットコインキャッシュにはどういった特徴があるのか紹介しましょう。

ビットコインとはブロックサイズが異なる

ビットコインキャッシュはビットコインから派生したもののため、基本的な点についてはビットコインと共通しています。ただ異なっている点としてブロックサイズの違いがあります。ビットコインはブロックサイズの上限が1MBだったのが、ビットコインキャッシュは32MBとなっているのです。

ブロックサイズとはブロックに書き込めるデータ量の上限のことです。ブロックに取引記録が書き込まれます。そのため、ブロックサイズが大きいほどより多くの取引記録を書き込めるため、たくさんの取引を一度に処理できるのです。

ビットコインは取引がなかなか承認されない問題があったのが、ビットコインキャッシュでは対策が施されているといえます。ブロックサイズが大きいことで送金詰まりが起きるケースが減っているのです。スムーズに取引が承認されるようになっています。

オンチェーンで処理する

仮想通貨では利用者増加によってスケーラビリティ問題に直面します。スケーラビリティ問題とは、仮想通貨のブロックチェーンにおいて、ブロックに書き込める取引量に限りがあるために障害が起きることです。この問題を解決するためにそれぞれの仮想通貨は独自の対策を採用しています。

そして、ビットコインキャッシュは、オンチェーンで取引を処理しています。これはブロックサイズが大きいという特徴があるからです。すべての取引をブロックチェーン上で処理したとしても問題ありません。ブロックサイズに十分な余裕があるためです。

すべての取引が外部で処理されずオンチェーンで処理できるため、透明性を維持できます。そのため、安全に取引できる通貨として信頼できるのです。

手数料が安い

ビットコインは手数料が高いという問題があったため、それを解決するためにビットコインキャッシュは手数料が安いという特徴があります。手数料を抑えることに力を入れているのです。これは決済通貨としての機能を重視しているという意味合いがあります。ビットコインはあくまでも価値の保存を目的としたデジタルゴールドを目指していて、一方でビットコインキャッシュは実用的な通貨としての性質を追求しているのです。

マイニング難易度を自動調整している

ビットコインキャッシュはDAAというアルゴリズムを利用することにより、マイニング難易度の自動調整を行っています。DAAとは「Difficulty Adjustment Algorithm」の略です。DAAによってマイニングのブロック生成の難易度調整が10分に1回のペースで行われます。このアルゴリズムがあるため、手数料を安くしたり取引速度を安くしたりすることに貢献しているのです。

当初、ビットコインキャッシュはNDAというアルゴリズムを用いていました。しかし、これではハッシュレートが安定しないという問題が生じたのです。そこで、より短期間でブロックの難易度調整が実施されるDAAに行こうしたのです。その結果として、安定してマイニングができるようになりました。

多くの仕組みはビットコインと共通している

たとえば、ビットコインキャッシュの発行上限は約2,100万枚であり、これはビットコインと同じです。また、マイニングによって得られる報酬金額もビットコインと同様に設定されています。

マイニングの際にはビットコインと同様にPoWが使われているのも共通点です。PoWとは「Proof of Work」の略であり、コンピュータの計算量によってマイニング報酬が決まります。不正攻撃に強いというメリットのある方法です。

ハードフォークを何度も繰り返している

ビットコインキャッシュはこれまでにハードフォークを何度も繰り返しています。毎年5月15日と11月15日というタイミングでアップグレードされているのが特徴です。公式サイトではハードフォークという言葉を使わずに定期プロトコルアップグレードと呼んでいます。

たとえば、2018年5月のアップグレードではブロックサイズが拡大されて、スマートコントラクトが実装されました。2019年5月のアップグレードではトランザクションの電子署名方式が楕円曲線DSA(ECDSA)からシュノア署名へと変更されて安全性が向上すると注目されたのです。2020年5月のアップグレードでは署名チェック方式が「SigOps」から「SigChecks」に変更された点を含めて全部で4つの変更が実施されました。

今後も定期的にアップグレードされて、さまざまな点が変更されていくでしょう。

仮想通貨のビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)【今後の将来性】

仮想通貨のビットコインキャッシュの今後の将来性に明るい見通しがあります。それにはさまざまな根拠があるのです。

まず、決済通貨であることをコンセプトとして実用性が高まっている点があります。処理速度が速く、ブロック容量も大きな仮想通貨です。そのため、決済通貨として適していて、送金手数料も安くなっており実用的になっています。対応アプリが増えていて、日常生活でも気軽に使用できるようになりました。今後、さらに利用できる店舗や決済サービスが増えればより注目されるでしょう。

定期的にアップグレードを繰り返している点も将来性があります。アップグレードされるたびに新しい機能が加わっていくからです。今後の社会情勢の変化に柔軟に対応して新しい機能が加わる可能性があります。そうすれば、仮想通貨としてより使いやすく進化していき注目度が上がるでしょう。より多くの人が利用するようになるかもしれません。

現在、一部の取引所においてビットコインキャッシュを基軸通貨として利用するという流れがあります。これは将来性がある証拠といえるでしょう。この流れが加速すれば、多くの取引所で基軸通貨になる可能性があり、価格上昇も期待できるのです。

より多くの取引所で新規通過として扱われるケースもあります。今後、扱う取引所の数が増えれば、それだけ入手しやすくなるのです。取引量が増えることで価格上昇の可能性も高まります。

このようにさまざまな観点から考えて明るい未来が見通せるのです。そのため、今のうちから購入すると良いでしょう。まだ、価格が低い段階で入手しておくと将来大きな利益を得られるチャンスが生まれます

仮想通貨のビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)【おすすめの取引所】

さまざまな取引所でビットコインキャッシュは扱われています。その中でも特におすすめなのがコインチェックです。その理由について説明しましょう。

コインチェック(Coincheck)がおすすめ

コインチェックにはさまざまなメリットがあるため、おすすめできます。

まず、初心者に使いやすいサイトやアプリのデザインがされている点がメリットです。これまでに投資をしたことがない人でも安心できます。視覚的にわかりやすいデザインやレイアウトが施されていて、直感的に操作できるからです。チャートも見やすくなっています。スマホ用のアプリがあるため、これでいつでもどこでも仮想通貨の取引が可能です。

取り扱っている通貨の数が多いのも特徴です。2021年現在では、16種類もの通貨に対応しています。取引できる通貨の種類が多いため、それだけ大きなチャンスを得られるということです。ビットコインキャッシュ以外の通貨も気になるという人におすすめできます。

運営元は東証一部上場の企業であるマネックスグループの子会社です。信頼できる会社が運営しているためセキュリティの問題はなく安心して利用できます

このようにメリットがたくさんあるため、ぜひともコインチェックに注目してみましょう。

仮想通貨のビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)に関するQ&A

仮想通貨のビットコインキャッシュについてはさまざまな疑問を持っている人がいるでしょう。よくある質問について回答を紹介します。

仮想通貨のビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)のこれまでの価格動向は?

仮想通貨のビットコインキャッシュは当初8万5,000円台を推移していて、2017年11月には10万円を突破しました。12月には一時的に42万円を超える最高値を記録したことがあります。2018年は価格が急落していき、12月には1万円を割り込むこともありました。2019年はほぼ横ばいの状態が続いていき、6月頃に4万7,000円台に回復したのですが、再び下落傾向になりました。2020年も価格が上昇したり下落したりを繰り返していったのです。

そして、2021年5月現在の価格は6万円前後となっています。以前よりも価格が回復してきたため、今後はさらなる上昇を期待できるでしょう。

仮想通貨のビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)の半減期はいつ頃になるのか?

仮想通貨のビットコインキャッシュの前回の半減期は2020年4月8日でした。次回の半減期については4年後の2024年となります。半減期後には価格上昇するといわれているため、2024年は大きなチャンスが訪れるかもしれません。4年後を楽しみに待ちましょう。

まとめ

ビットコインキャッシュはビットコインから枝分かれして誕生した仮想通貨といえます。2017年に登場してから多くの人が取引してきた実用的な通貨です。今後は世界中で日常的に活用されるような可能性を秘めています。そのため、将来性の高い通貨であるといえるでしょう。そんなビットコインキャッシュについて今後も注目しましょう。

なお、ビットコインキャッシュの購入できるおすすめの取引所は、コインチェックです。コインチェックであれば、スマホアプリやサイトが使いやすいため、初心者の方でもすぐに使いこなすことができるでしょう。