コールドウォレットとは?意味を徹底解説【仮想通貨用語】

コールドウォレットとは?

コールドウォレットとは、仮想通貨(暗号資産)を保管するウォレット(財布)の中のオフライン(インターネットに接続されていない)環境下にあるウォレットのことをいいます。例えば、コールドウォレットにはペーパーウォレット(紙に秘密鍵を記載したウォレット)などがあります。

コールドウォレットは、ハッキングなどにあうリスクは低くなるというメリットがあります。しかし、コールドウォレット自体を破損したり、紛失してしまったりすると元に戻らないことや取引をすぐに行うことが難しかったりすることなどのデメリットもあります。

コールドウォレットに対して、インターネットに常時繋がっている状態のウォレットをホットウォレットといいます。このホットウォレットよりもコールドウォレットの方がセキュリティ面などの安全性は高いです。