仮想通貨のライトコイン(LTC)を徹底解明!今後の将来性やおすすめの取引所を紹介

ライトコインは、ビットコインをベースに開発された仮想通貨です。

  • ライトコインの特徴はなに?
  • ライトコインの今後の将来性はどうなの?
  • おすすめの取引所はどこ?

そんなライトコインについてこのように思われている方も多くいらっしゃるでしょう。ライトコインに興味はあるけれども、購入しようかどうか悩んでいるという方はきっと多いはずです。

そこでこの記事では、仮想通貨のライトコインの特徴や今後の将来性について徹底解明していきます。また、ライトコインを購入できるおすすめの取引所も合わせてご紹介します。

この記事を最後まで読むことで、あなたがライトコインを購入すべきかどうか判断できるようになるでしょう。

まずはライトコインの今後の将来性について解説する前に、ライトコインと何か、その特徴についてご紹介していきます。

仮想通貨のライトコイン(LTC)とは?

仮想通貨のライトコインとは、2011年に元GoogleエンジニアのCharlie Lee氏がビットコインをベースに開発した仮想通貨です。ビットコインにおけるトランザクションの処理速度の問題解決を目指して開発されました。

そんなライトコインは、ビットコインの送金スピードよりも4分の1のスピードでトランザクションを処理できます。ビットコインのブロック生成時間が約10分と設定されているのに対して、ライトコインは約2.5分に調整されているのです。

またビットコインの発行上限が2,100万枚となっているのに対して、ライトコインの発行上限は4倍の8,400万枚に設定されています。

それでは、次に仮想通貨のライトコインの特徴についてみていきましょう。

仮想通貨のライトコイン(LTC)の特徴

仮想通貨のライトコインの特徴は以下の通りです。

  1. 発行上限は約8,400万枚
  2. ビットコインよりも速い処理速度
  3. ライトニングネットワークの採用
  4. 公式のウォレットが利用できる

それでは、順番に見ていきましょう。

発行上限は約8,400万枚

前述した通り、ライトコインの発行上限は約8,400万枚です。これは、ビットコインの発行上限よりも4倍となっています。

日常的な少額・高速決済に利用されることを前提をしているため、この枚数の設定になりました。

ビットコインよりも速い処理速度

ライトコインは、ビットコインよりも多くのトランザクションを処理することができます。

ライトコインはブロック生成の頻度が高いため、承認時間もビットコインの4分の1の約2.5分となっています。そのため、膨大なトランザクションも対応できるように設定されています。

ライトコインは「Segwit」という技術を導入しているため、ブロックサイズの圧縮を実現しているのです。その結果、スケーラビリティ問題を改善することができました

ちなみにスケーラビリティ問題とは、データの処理(送金)がブロックサイズやトランザクションの容量などが原因で遅れてしまう問題のことです。

ビットコインで問題視されてきたトランザクションの処理速度を解決しているのがライトコインなのです。

ライトニングネットワークの採用

「Segwit」を導入することで、ライトニングネットワークの採用を簡単にすることができました。

ライトニングネットワークとは、現在においてもスケーラビリティ問題の大幅な改善策として開発が進められています。このライトニングネットワークは、ブロックチェーンの外で当事者間の取引を行う技術になります。

ブロックチェーン上に記録されるのは最初と最後の取引のみとなっており、毎回の取引を記録する必要がないので、たとえ少額の複数決済であったとしても手数料がほとんどかかりません。

さらにライトニングネットワークを採用することで、高速処理を行うことができます。そのため、本格的な採用が決定すれば、ライトコインは今まで以上に利用しやすくなるでしょう。

公式のウォレットが利用できる

ライトコインでは暗号化された公式のウォレットを公開しているため、このウォレットによってプライベートキーの安全性を確保することができ、取引やアカウントの残高も確認することができます。

仮想通貨の保存の1つとして、暗号化されたウォレットが利用できるのは嬉しいですよね。

仮想通貨のライトコイン(LTC)の今後の将来性

ライトコインの今後の将来性は、十分にあります。決済手段としてライトコインを採用する企業が増えてくると、ライトコインの価値は今後より一層高まるでしょう。

なぜならば、ライトコインはビットコインよりも実用的で優れているからです。

ビットコインが金であれば、ライトコインは銀だとよく言われています。金やプラチナは高価なため簡単に購入することはできませんが、銀であれば金よりも安く購入できる身近な存在となっています。

実際にライトコインは、ビットコインよりも決済サービスへの実用化に取り組んでいます。そんなライトコインは速いかつ安全に決済できる仮想通貨として、企業などの連携も進んでいます。

ライトコインは、より日常的に利用されることを目的として開発された仮想通貨なため、決済手段として仮想通貨がこれから普及されるようになれば、ライトコインも自ずと浸透していくでしょう。

仮想通貨のライトコイン(LTC)【おすすめの取引所】

それでは、そんな仮想通貨のライトコインを購入できるおすすめの取引所をご紹介します。

コインチェック(Coincheck)

コインチェックは、初心者の方でも非常に利用しやすい仮想通貨の取引所になっています。

2012年に設立されたコインチェックは、現在あの超有名なマネックス証券のグループ会社となっています。コインチェックは、そんなマネックスグループの金融実績のノウハウを活用して運用しています。

マネックスグループは東証一部にも上場している大企業なため、そのマネックスグループが管理しているコインチェックの安全性・信頼性は高いと言えるでしょう。

そんなコインチェックの特徴は以下の通りです。

コインチェックの特徴
取扱通貨数が15種類(国内No.1)
スマホアプリやサイトが見やすく操作しやすい
初心者でも簡単に使いこなせる
最大年率5%の貸仮想通貨サービスを提供している

コインチェックは、国内仮想通貨取引所の中でNo.1の取扱通貨数を誇ります。

スマホアプリやサイトが操作しやすい分、これから初めて仮想通貨を取引する方でも簡単に使いこなせるのでコインチェックはかなりおすすめの取引所です

まとめ

ここまでで、仮想通貨のライトコインを徹底解明してきました。

それでは、最後にライトコインの特徴について復習しておきましょう。

発行上限は約8,400万枚
ビットコインよりも速い処理速度
ライトニングネットワークの採用
公式のウォレットが利用できる

ライトコインはビットコインよりも実用的で優れているため、今後の将来性は十分あります。決済手段としてライトコインを採用する企業が増えてくるとライトコインの価値も今後より一層高まるでしょう。

コインチェックでは、500円からライトコインを購入することができます。そのため、ライトコインの価値が上がる前にコインチェックで投資を始めてみてはいかがでしょうか。