ザイフ(Zaif)の使い方を完全ガイド!登録から取引・出金までのやり方を伝授

「ザイフで仮想通貨の取引をしてみたいけど使い方がよくわからない」「初心者でも簡単に取引できるの?」

この記事をご覧になったあなたも、ザイフについてこのように悩んでいるのではないでしょうか。初めての仮想通貨取引所を利用する時は、きちんと取引ができるか不安になってしまうものですよね。

そこでこの記事では、ザイフを実際に利用したことがある管理人が、ザイフの使い方を完全ガイドしていきます。アカウント登録・入金から取引・出金までのやり方を伝授していきます。これからザイフを利用される方は、是非参考にしてみてください。

それでは、ザイフの使い方が気になるところですが、まずはザイフとはどういう取引所なのか解説していきます。

ザイフ(Zaif)の基本情報

ザイフは、株式会社Zaifが運営している日本の暗号資産取引所になります。

ザイフ(Zaif)の取り扱い通貨

ザイフが取り扱っている仮想通貨の取り扱い通貨は以下になります。

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ビットコインキャッシュ
  • モナコイン
  • ネム

ザイフ(Zaif)の取り扱いトークン

ザイフが取り扱っている仮想通貨の取り扱いトークンは以下になります。

  • ザイフトークン
  • COMSA
  • カウンターパーティートークン
  • フィスココイン

ザイフ(Zaif)のメリット

ここからは、仮想通貨取引所の一つザイフを利用するメリットを解説していきます。

信用取引ができる

ザイフでは、信用取引を利用することができ、日本円やビットコイン、イーサリアムなどを担保として預けることによって、預けた額の最大7.77倍までの取引が可能となります

手数料がマイナス

ザイフは現物取引における取引手数料は全て無料になりますので、現物取引を主に行う人や興味がある人などはザイフを利用して取引すると他の取引所よりもお得に取引することができます。

仮想通貨の自動積み立てが可能

ザイフの自動積み立ては他の取引所にはないサービスです。

自動積み立てすることにより、積立して投資をすることで、価格変動時のリスクを軽減することができます。

レバレッジ取引が優秀

ザイフの場合は最大7.77倍のレバレッジ取引が可能となりますので、資金以上の取引が可能となります

ザイフ(Zaif)のデメリット

ザイフのメリットだけでなく、ザイフのデメリットについても合わせてご紹介していきます。

アルトコインの取り扱いが他の取引所に比べ少ない

ザイフではアルトコインの取り扱い数がそんなに多くありません。

そのため、アルトコインを幅広く購入して取引したい人には向かないかもしれません。

アプリが使いにくい

日本の仮想通貨取引所でアプリを利用することができる取引所はたくさんありますが、中でもザイフのアプリは使いにくいと言われています。

もちろん、サイトに直接ログインすれば通常通り取引することができるので、アプリをそんなに利用しない人からすると特に問題はないかと思いますが、通勤時や外出時なども定期的に取引したい人などは向いていないかもしれません。

しかし、ザイフ側でも改善しているようなので、今後に期待しましょう。

ザイフ(Zaif)の使い方【登録方法】

ザイフを利用する際も他の取引所同様にアカウント登録と口座開設が必要となります

ここからは、そんなザイフの登録方法や口座開設方法を紹介、解説していきます。早速、登録作業に進みましょう!

まずは、ザイフの公式サイトを開き、無料登録にしましょう。無料登録の項目を選択し、自分のメールアドレスを入力し、登録ボタンを押すと、自動送信メールでザイフからメールが届きます。

そちらのメールに添付されているURLをクリックし、パスワード設定をしてログインしましょう。

こちらの簡単な作業でサイトにログインすることはできますが、まだ取引することはできませんので、自分の基本情報(名前や住所など)を設定し、二段階認証の設定を行って下さい。

全ての設定の登録が完了すると、数日後に郵便物が届き、中には本人確認コードが記載された書類が送入されていますので、そちらのコードを登録することで、登録完了となります。

ザイフ(Zaif)の使い方【入金方法】

ここからはザイフの具体的な使い方について解説していきます。仮想通貨取引を行う上で当たり前なことですが、取引を行うには無料開設した口座に日本円が入金されていなければいけません。

ザイフでは「銀行振込」「コンビニ決済」「ペイジー入金」にて入金することができます。入金方法はまず、ザイフにログイン後上部のメニューにある「入出金」ボタンをクリックし、次のページで「日本円」マークのアイコンを選択します。

選択すると、先ほど紹介した3つの入金方法の選択をすることができますので、選択して、ガイドに従って入金手続きを完了させましょう。

銀行振込

銀行振込を選択すると、入金金額を入力する画面に切り替わります。そこで、自分が入金したい金額を入力し、「入金開始」ボタンをクリックしましょう。

そうすると、振込先の口座が表示されますので、表示されている口座に振り込みをします。

※振込名義の書式は「名前 識別番号」で入力しましょう。識別番号が入力されていない場合はうまく入金されなくなってしまいますので、注意してください。

コンビニ決済

コンビニ決済を選択後入金したい金額を入力し、手続き開始ボタンを押してからフォームに従って操作をするとコンビニ決済できる「受付番号」が表示されますので、それをコンビニに持っていき、支払いを済ませると入金確定となります。

銀行振込とは違い、コンビニ決済の場合はすぐに入金が反映されるのでおすすめです

ペイジー入金

ペイジー入金を選択後金額を入力し、手続き開始ボタンを押してからコンビニ決済と同じように画面のフォームに従って操作をすれば、「収納機関番号」と「確認番号」が発行されますので、金融機関のインターネットバンキングやATMから支払いを完了すると、コンビニ決済同様にすぐに入金を確認することができます。

上記で紹介した3つの入金方法以外にもクレジットカード購入もでき、いますぐ購入したいけれど残高が無い人などはクレジットカードでスムーズに入金することができるので、おすすめです。

ザイフの使い方【取引方法】

ザイフでは「Orderbook trading」とういサービスで暗号資産の取引をすることができ、このサービスで価格チャートや取引板、チャット機能などを利用することができます。

「Orderbook trading」のチャート確認画面では、チャートの移動平均線やボリンジャーバンドなどの表示をすることもでき、注文する際には「成行注文・指値注文」のどちらか好きな方を選択できるほか、自分が設定した価格に到達した時点で自動的に仮想通貨売買を行う「リミット売り・リミット買い」を設定することができ、非常に使い勝手の良い機能ばかり揃っています。

販売所取引

「Orderbook trading」の販売所取引サービスでは、とてもシンプルな画面で比較的簡単に仮想通貨の取引を行うことができるため、初心者にとっては非常にありがたいサービスになります

こちらのサービスの取引画面では、取引で重要となるチャート・注文画面・チャット画面などのサービスを利用することができ、取引する際は取引したい通貨を選択し、その後取引数量、金額を入力して「購入」「売却」のどちらかを選択するだけで簡単に仮想通貨の取引が可能となります。

信用取引

信用取引サービスは、日本円やビットコインなどの資産を担保として預けることで、レバレッジを利用して最大4倍の取引を行うことができる仮想通貨取引サービスになります。

この取引方法では、保証金などの追加で費用が請求されることはありませんので、口座の残高や自分の無理のない範囲内で安心して取引することができます。

AirFX取引

こちらのサービスは、証拠金を預け入れすることで、最大4倍のビットコインでのレバレッジ取引を行いことができるサービスになります。

こちらの取引のメリットとしては、取引する際の手数料がかからない為、取引手数料を気にすることなく取引を行うことができます。

ザイフの使い方【チャット】

ザイフのチャットは情報共有の場所として常に盛り上がっています。

SNSのように気軽に投稿などができますので、時間があるときはチャットを見ながら勉強するのも良いでしょう。

ただし、チャットの情報は100%正解なわけではありませんので、自分で見極める力も必要になってきます。

チャットの情報を全て鵜呑みにして取引を行い、損失がでてしまうケースもありますので、注意しましょう。

ザイフの使い方【出金方法】

仮想通貨の出金・受取について紹介します。まずは送金する手順ですが、ザイフのアカウントにログイン後取引所の右上に表示されている「アカウント」をクリック。

その後「入出金と履歴」をクリックし、自分が出金したい通貨を選択し、「出金」ボタンをクリックしましょう。

クリックして画面をした側にスクロールすると「出金先アドレス」「出金金額」などを入力するフォームがあると思います。

これらの情報を入力して、「出金」ボタンを押せば送金完了となります。

次に、受取方法の手順を紹介します。

先ほどと同様に、ログイン後取引画面の右上に表示されている「アカウント」をクリック後「入出金と履歴」を選択し、入金したい通貨を選択しましょう。

選択し、その下に表示されている「入金」をクリックするとまたその下に「入金用アドレスを取得」というボタンが表示されますので、そちらをクリックして「入金アドレス」と「QRコード」を取得しましょう。

表示された「入金アドレス」か「QRコード」を送金元に共有すると受取手続き完了となります。

入金アドレスを間違えてしまうとうまく入金されなくなってしまいますので、QRコードの読み取り方法をおすすめします。

まとめ

今回はザイフの使い方やメリットデメリットについて完全ガイドしてきました。

ザイフの最大の利点として、信用取引ができることなので、他の取引方法ではなく信用取引を主に考えている人や、リスクをできるだけ避けて取引したい人などは是非、ザイフを利用してみることをおすすめします。

上記で解説した登録作業については数分程度で終わる内容になっていますので、まずは、無料口座開設から始めてみてはいかがでしょうか。