仮想通貨のステラルーメン(XLM)の今後の将来性は?特徴&おすすめの取引所について

仮想通貨の取引は世界中で流行っていて、次々と新しい仮想通貨が生まれています。そのため、これから新しい仮想通貨への投資を考えている人は多いのではないでしょうか。

そのような仮想通貨の一つとしてステラルーメンが注目されています。ステラルーメンは送金手数料が安い、発行量が増えている、中央集権体制であるといった特徴のある仮想通貨です。日本の取引所でも扱われていて、実際に注目している人はたくさんいるでしょう。

そこで、これからステラルーメンを購入したいと考えている人のためにさまざまな情報をご紹介します。仮想通貨としてのステラルーメンの特徴から今後の将来性、おすすめの取引所、よくある疑問と回答などをまとめました。ぜひとも参考にしてください。

仮想通貨のステラルーメン(XLM)とは?

仮想通貨のステラルーメンとは2014年7月に登場した仮想通貨です。ジェド・マケーレブ氏を中心として開発されました。ステラルーメンは個人決済や送金システムの効率化を目指して開発されたのが特徴です

マケーレブ氏は2001年にはP2Pファイル共有ソフトであるeDonkey2000の会社を共同で設立しました。その後、2010年になってからマウントゴックスを創業したのです。ただし、この会社はハッキングの被害を受けて破綻したため、その後にステラ開発財団が生まれました。そこでステラルーメンの開発が行われたのです。

主に新興国で取引されることを前提に当初は展開されました。新興国では未だに銀行口座を持てない人がたくさんいて、そういう人でも金融サービスを受けられるように仮想通貨のステラルーメンを発表したのです。それが今では新興国以外の国にも注目されるようになり、2019年の7月からは日本の仮想通貨取引所であるコインチェックへの上場も果たしています。今後ますます発展していくと期待されていて注目度が増しているため、情報を収集して購入を検討しておくと良いでしょう

仮想通貨のステラルーメン(XLM)の特徴

仮想通貨のステラルーメンにはどういった特徴があるのか紹介しましょう。

送金手数料が安い

ステラルーメンは送金手数料が安いのが大きな特徴です。送金手数料は0.00001XLMに設定されています。これは約100万分の1ドルです。送金手数料がとても安くなっているのは、個人決済に利用することを前提としているためです。

個人間でやり取りする際には少額の送金を何度も行うことが多いため、手数料は低く設定されています。個人が頻繁に利用することを想定して開発されたため、送金手数料が安くなっており、投資先としてもおすすめできるのです。

ステラルーメンはブリッジ通貨と呼ばれています。ブリッジ通貨とは、送金速度が速くて、なおかつ送金コストが安いのが特徴です。2つの通貨の橋渡しをする役割を果たせる通貨がブリッジ通貨といえます。

たとえば、ドルを円に換金して送りたい場合には、一度ドルをステラルーメンに換金して、さらに円に換金してから送金すれば良いです。このようにすることで既存の送金方法よりも安く安価に送金できます。

無駄な時間を節約できる

ステラルーメンは無駄な時間を節約できるというメリットがあります。送金や決済にかかる時間がとても短いのです。たとえば、仮想通貨の代表格であるビットコインは決済速度が約10分となっています。これでも十分速いといえるのですが、ステラルーメンは決済速度が2~5秒です。

仮想通貨の中でも決済速度が突出して速いことがわかります。取引をしていてストレスを感じることはなく、実用性が高い仮想通貨といえるのです。

ステラルーメンは新興国での実用性を重視して開発されました。そのため、決済速度がとても速く、現在では新興国以外の人も注目しているのです。

今後は日本でも気軽にステラルーメンを活用して通貨の取引をする人が出てくると予想されています

発行量が増えている

ステラルーメンは発行量が毎年1%ずつ増えている仮想通貨です。当初発行された量は1000億枚でした。発行量の上限は1兆枚に設定されていたため、上限に達するまでは毎年1%ずつ増えていくのが特徴です。

これは徐々に発行量を増やしていくことによって、価値を安定させて、なおかつ価格高騰を防ぐのが狙いとされています。あくまでも日常的な決済手段としての使用が想定されているため、価格変動が激しいと都合が悪いのです。

また、ステラは開発者の保有率が5%と低く設定されています。開発者があまり保有していないため価格が安定しやすいとされているのです。ステラを運営しているのは非営利団体であるステラ開発財団です。非営利団体のためきちんと情報を開示する必要があり、利益を目的とした活動は一切禁止されています。

とても透明性の高い組織であり、そこが開発して展開しているステラルーメンも信頼できる仮想通貨といえるのです。そのため、個人の投資家であっても気軽に手を出すことができるでしょう。

中央集権体制である 

ステラルーメンは中央集権体制の仮想通貨です。ビットコインにあるマイニングのような仕組みはありません。したがって、管理しているステラ財団がすべての仮想通貨をすでに発行済です。

ステラ財団によってすべてが管理されているのが特徴であり、ビットコインをはじめ他の仮想通貨のように分散性のような性質はありません。中央集権的な仮想通貨であるために、他の仮想通貨にはないさまざまな特徴を有しているのです。

中央集権体制であるおかげで運営者同士はスムーズに意思の疎通ができます。きちんと意見をまとめて、一つの方針にしたがって管理することができるのです。一貫した体制で開発が進められているため安定性があります。

運営者が明らかになっているため、責任の所在は明らかであり、だからこそ信頼できるのです。

仮想通貨のステラルーメン(XLM)【今後の将来性】

ステラルーメンについて今後の将来性が気になる人は多いでしょう。将来性を考える際にはさまざまなポイントに注目することが大切です。

大企業との提携を進めている

まず、ステラルーメンは大企業との提携を進めています。すでに金融コンサルの大企業であるデロイト、さらにフランスに本社のあるTEMPOといった大企業と提携しているのです。

さらには、IBMとの提携をしたことにより、国際送金ネットワークが開発されました。このように次々と大企業と提携できる理由は、中央集権体制で運営元や運営方針などが明らかになっているからです。

また、ステラルーメンには実用的な点が多数含まれていて、大企業にとっては利便性が高くて価値があります。そのため、今後も大企業との提携を進めていき、安定して価格が上昇していくでしょう

管理者による市場介入

ステラルーメンの将来性を考える際には管理者による市場介入に注意しましょう。ステラ開発財団による中央集権体制のため、管理者がさまざまな形で市場介入を行い、その影響が出る可能性があるのです。

たとえば、2019年11月5日にはステラ開発財団がトークンバーンを実施したことで通貨の供給量が強制的に減らされて、その結果残った通貨の希少性が高まったことで価格が上昇しました

もちろん、管理者による市場介入はプラスの効果もあればマイナスの影響を与えることもあるため注意しましょう。

リップルの動向に注目する

ステラルーメンは別の仮想通貨であるリップルの価格変動の影響を受けやすいです

その理由は、ステラルーメンはリップルの開発者が中心となって作られた仮想通貨だからです。どちらも開発者が同じなため、リップルの価値が落ちてしまえば、それにともなってステラルーメンの価値も落ちます。

たとえば、リップルがハッキングにあって大きな被害が生じれば、ステラルーメンへの信頼性も落ちるため、価格が暴落することがあるのです。今後はリップルの動向にも注目しましょう。

東南アジアとイスラム圏での拡大

ステラルーメンはマレーシアやインドネシアでも実用化が進められています。今後は東南アジアやイスラム圏において拡大していくと予想されているのです。

これらの地域には貧困層がたくさんいて、銀行口座を持てないという悩みを抱えています。そのような人でも利用できるステラルーメンは、今後新たな市場を確保できると考えられているのです。

利用する地域が広がることによって、ステラルーメンの価格や安定性はさらに高まるでしょう。

仮想通貨のステラルーメン(XLM)【おすすめの取引所】

これからステラルーメンの取引をする際におすすめの取引所としてコインチェックについて紹介しましょう。

コインチェック(Coincheck)がおすすめ

2019年の11月から日本の取引所であるコインチェックでステラルーメンの購入が可能になりました。それまでは海外の取引所のみでしか購入できなかったのが日本でも購入できるようになり、この頃から国内でもステラルーメンへの注目度が高まったのです。

コインチェックは全部で15の通貨を扱っている取引所です。最低取引額は500円からであり気軽に仮想通貨の取引ができます。

さまざまなサービスを提供しているのが特徴であり、その1つとして「Coincheckつみたて」はおすすめです。「Coincheckつみたて」とは、毎月一定額を自動的に積み立てていき、仮想通貨の積立投資ができるサービスのことです。入金から購入まではすべて自動で行われるため、自分で購入タイミングを判断する必要はありません。長期的に積立することによって、将来的には元本が何倍にも上がる可能性があるのです。

その他にもコインチェックにはおすすめできる点がたくさんあります。まず、国内における仮想通貨取引アプリの中ではダウンロード数がNo.1です。日本で一番多く利用されている仮想通貨取引アプリがコインチェックのため信頼できます。アプリからは通貨を選択して購入ボタンをタップし購入金額を入力して決定するだけで購入手続きが完了するのが特徴です。最短10秒でスマホから簡単に購入できます。

コインチェックの口座開設の手続きはネット上から行うことが可能です。最短5分で申込みが完了するため、気軽に利用してみましょう。最短で翌営業日には実際に仮想通貨の売買を始めることができます。

仮想通貨のステラルーメン(XLM)に関するQ&A

仮想通貨であるステラルーメンに関してよくある疑問に答えましょう。

Q.仮想通貨のステラルーメン(XLM)の送金手数料はいくら?

ステラルーメンは送金するときにかかる手数料が0.00001XLMに設定されています。これは2021年2月時点の円に換算すると約0.0005円です。信じられないほど手数料が安く設定されていることがわかります。一般的には、日本の銀行から海外へ国際送金すると最低でも数千円の手数料が発生するのです。したがって、送金をする手段としてステラルーメンはとてもメリットが大きいとされています。銀行を利用せずにステラルーメンを仲介させて国際送金をした方がコストはかからないのです。既存の銀行では絶対にできない手数料の低さを実現しているため、とても注目されています。将来的には国際送金をする手段として仮想通貨を利用するのが一般的な時代になるかもしれないのです。

まとめ

仮想通貨のステラルーメンは送金手数料が安く、決済速度が速く、発行量が増えているのが特徴です。

今後の将来性も明るい見通しがあり、日本のコインチェックでも取引していることから、注目度が高まっています。この機会に是非ステラルーメンを購入してみてはいかがでしょうか。