仮想通貨のクアンタム(QTUM)を総まとめ!特徴&今後の将来性&おすすめの取引所について

仮想通貨のクアンタムは匿名性が高くスマホでも簡単に利用できるといった特徴があります。2016年に登場した新しい仮想通貨であり、2020年の3月より国内で上場を果たして日本でも注目されるようになりました。さまざまな仮想通貨がある中でもクアンタムに興味を抱いている人は多いのではないでしょうか。

しかし、新しい仮想通貨は将来性やリスクがあるのではないか不安になるものです。情報が限られている中で手を出すのは怖いと考える人は多いでしょう。そこで、この記事では仮想通貨のクアンタムについてまとめてみました。

どのような特徴があるのか、今後の将来性はあるのか、おすすめの取引所はどこなのかなども合わせてご紹介していきます。

仮想通貨のクアンタムが気になる人はぜひとも参考にしてください。

仮想通貨のクアンタム(QTUM)とは?

2016年12月19日から公開された仮想通貨がクアンタムです。2020年3月からはコインチェックに上場して日本でも注目されるようになりました。

開発元であるクアンタム財団は、アリババ出身のパトリック氏が創業者兼CETを務めています。

そんなクアンタムはビットコインに採用されているUTXO(残高確認方式)、さらにイーサリアムの技術であるスマートコントラクトを実装しているのが特徴です。したがって、ビットコインとイーサリアムの良いところを兼ね備えた仮想通貨といえます

仮想通貨のクアンタム(QTUM)の特徴

クアンタムは仮想通貨としてどういった特徴があるのか説明します。

匿名性が高い

クアンタムはUTXOという残高確認方式を採用していて匿名性が高いです。

UTXOとは、「unspent Transaction Output」の略であり、このUTXOの情報をやり取りしてクアンタムは取引されます。実際に残高を計算する際には、UTXOがユーザー間でどのように取引されたのかを追跡して割り出す仕組みです。通貨の売買をする際には新しいアドレスが作られて、そのときの取引データと紐付けされます。

このような複雑な仕組みを採用しているため、第三者から追跡することは困難です。高い匿名性を維持しながら取引できるようになっています。

UTXOの仕組みはビットコインで採用されているものです。そのため、UTXOの信頼性はすでに実証されています。不正に通過を奪われてしまうリスクが低くて、高額な通貨の取引も安心して行えるのです。

スマホでも簡単に利用できる

クアンタムは公式ウォレットを用意しています。デスクトップウォレットとモバイルウォレットの2種類があり、モバイルウォレットはライトウォレットと呼ばれていてスマホから利用できるため便利です。自分のアカウントにアクセスして、ライトウォレットからクアンタムの取引ができます。

その際には自身の取引データのみしかデータ通信が行われないため、処理するデータ量が少なく快適に動かせる評判です。また、公式ウォレット以外にもビットパイやトラストウォレットといったものもモバイル対応しています。

アカウントアブストラクトレイヤを採用している

クアンタムはアカウントアブストラクトレイヤを採用しているのが大きな特徴です。アカウントアブストラクトレイヤはAALのことであり、クアンタム独自のシステムとなっています。

クアンタムはビットコインのUTXOとイーサリアムのスマートコントラクトを組み合わせているのが特徴です。この2つの異なるシステムを組み合わせて利用するために採用されているのがアカウントアブストラクトレイヤと考えましょう。

クアンタムではUTXOとスマートコントラクトがそれぞれ別の階層として分けられています。この2つの階層を繋ぐ役割を果たしているのがアカウントアブストラクトレイヤです。

クアンタムで採用されるスマートコントラクトは、ブロックチェーンにおいて指定したプログラムを自動的に実行する機能を有しています。

しかし、スマートコントラクトをクアンタムに適応するとUTXOを複雑化させる問題がありました。そこで、2つのシステムをお互いが邪魔になることなく共存させるための存在としてアカウントアブストラクトレイヤが導入されているのです。橋渡しの役目を果たしていると考えましょう。

クアンタムではUTXOをベースにしてスマートコントラクトも活用できる特別なシステムとしてアカウントアブストラクトレイヤを搭載しているのが大きなメリットです。

もともと創業者であるパトリック氏はアリババでエンジニアとして研究していた経歴があり、他にも優秀な開発陣が揃っています。恵まれた開発環境のおかげで高度な技術を実現しているのです。

マイニングで利益を獲得しやすい

クアンタムはマイニングによって利益を獲得しやすいというメリットがあります。

マイニングとは日本語に訳せば採掘のことです。マイニングは新たなブロックを生成する作業のことであり、その報酬を受け取ることができます。マイニングは仮想通貨の新規発行をして、取引の承認をするという役割があります。仮想通貨というシステムを維持するために重要な役目を果たすのがマイニングであり、だからこそ報酬を受け取ることが可能なのです。

クアンタムではPoSというマイニングを採用しています。PoSはコンピュータの演算能力を活用してマイニングすることです。PoSではよりたくさんの仮想通貨を長く持っていた人ほど多くの報酬を得られます。仮想通貨の処理にはマシンパワーが必要となり、それを提供して報酬を得られるとイメージしましょう。

従来はマイニングシステムとしてPoWが採用されていたのですが、こちらは仕事量によって報酬が決まり計算能力の高いマシンを使う人が有利でした。一方、PoSは仕事量が報酬に影響せず、仮想通貨をより多く長く持っていることが報酬に影響します。

したがって、個人でも簡単にマイニングに参入することが可能です。そんなシステムを採用しているのがクアンタムのため、クアンタムはマイニングで稼ぎやすいとされています。

ビジネス用途に強い

クアンタムはビジネス向けに開発された仮想通貨です。最初からビジネスシーンでの利用を想定して開発されたため、当然ビジネス用途に強いという性質を有しています。ビジネスでも安心して利用できるのがクアンタムの強みです。

ビジネスに利用される仮想通貨に求められるのはセキュリティの強固さです。

その点、クアンタムはUTXOを採用しているため、高い信頼性があり、ビジネスでも安心して利用できると評価されています。

クアンタムはAmazonやGoogleとも提携している仮想通貨です。世界的な大企業からも信頼されているクアンタムは安心して利用できる仮想通貨といえます。

仮想通貨のクアンタム(QTUM)【今後の将来性】

クアンタムは企業向けに開発された仮想通貨であり、セキュリティの問題をきちんと解決していて信頼されています。日本でも取引が開始されて、今後は世界中でますます注目される存在となるでしょう

またクアンタムの責任者であるパトリック氏は高く評価されている人物であり、確かな経営手腕を発揮しています。今後もパトリック氏が中心となって、さまざまな画期的な施策を実施していくことも期待されているのです。

クアンタムは今のところ取引ユーザーはそれほど多くないのが現状です。そのため、今後は大きく成長していく余地があります。まだ注目度がそれほど高くない今の段階でクアンタムの取引をしておけば、これから大きく価格上昇していくことを期待できるのです。

そうなれば、クアンタムを利用して大きな利益を得ることができます。取り扱う取引所は確実に増えているため、取引数も増加していくでしょう。

クアンタムをビジネスユースで利用する企業が増えていけば、信頼性が高まって、より多くの人が獲得しようとするでしょう。また、クアンタムはビットコインとイーサリアムの長所を兼ね備えた仮想通貨のため、ビットコインとイーサリアムの評価に影響されます。ビットコインやイーサリアムが仮想通貨としての価値を高めていけば、それに伴ってクアンタムの価値も上昇するのです。

このようにクアンタムは将来性について明るい見通しを立てることができます

仮想通貨のクアンタム(QTUM)【おすすめの取引所】

クアンタムを扱っている取引所の中でも特におすすめするのがコインチェックです。その理由について説明しましょう。

コインチェック(Coincheck)がおすすめ

コインチェックは2014年から営業を続けている日本の取引所です。仮想通貨を専門的に取り扱っていてクアンタムにも対応しています。2018年からはマネックスグループに入り、コインチェックはより信頼性を高めている会社です。

そんなコインチェックは初心者でも使いやすいと評価されています。とにかく簡単に仮想通貨の取引ができることをコンセプトとしているため、操作方法が直感的にわかりやすいデザインを採用しているのが特徴です。

取り扱っている仮想通貨の種類が15種類と多いのが特徴であり、メジャーな仮想通貨だけではなくマイナーなアルトコインまで扱っています。

スマホアプリを用意していて便利に利用できるのもメリットとなっています。スマホアプリ上で時価評価額を確認できるだけではなく、購入や売却、受け取りなどの取引操作をすべて行えるのです。スマホさえあればコインチェックの機能をほとんど利用できるため、スマホで気軽にクアンタムの取引ができます。

コインチェックならば、日本円から仮想通貨を直接購入することが可能です。クアンタムに興味があるならば、コインチェックを利用してみましょう。

仮想通貨のクアンタム(QTUM)に関するQ&A

仮想通貨のクアンタムについてよくある疑問に答えます。

Q.仮想通貨のクアンタム(QTUM)のメリットは?

クアンタムはビジネス向けに開発されたためセキュリティが高いのがメリットです。万が一の心配がなく安心して取引できます。仮想通貨の取引について不安を感じている人にもおすすめできるのがクアンタムです。

クアンタムはマイニングも利用できる点がメリットといえます。PoSを採用しているため、個人が気軽にマイニングを狙えるのです。

クアンタムはノード数が大きくて、ビットコインやイーサリアムに次ぐほどの規模となっています。世界各地でノードが建てられていて分散性が確保されているのがメリットです。世界中にノードが分散しているため、特定の国で災害や規制などが起きても心配ありません。

Q.仮想通貨のクアンタム(QTUM)の価格はいくら?

クアンタムは2021年3月9日で始値689.06円、高値713.78円、安値664.55円、終値681.98円でした。2021年の2月に入ってから価格が急騰しています。1月の末には300円程度だったのが2月になると800円近くまで上がるようになったのです。その後、2月の末にはやや落ち着いてきたのが3月に入ってから再び価格が上がるようになりました。

価格についてはさまざまな要因の影響を受けるものです。また、時々刻々と変化するもののため、現在の価格を知りたい人は取引所のホームページを確認すると良いでしょう。たとえば、コインチェックでも価格を確認できます。リアルタイムチャートのページをチェックしましょう。

まとめ

仮想通貨のクアンタムについてまとめました。シンガポールの会社が開発した仮想通貨であり、ビジネス用途を想定して匿名性が高い点が信頼できます。

今後も価格上昇の可能性は高いため、狙い目の仮想通貨といえるでしょう。日本のコインチェックでも取引されていて、スマホでも簡単に利用できるため、ぜひとも注目してください。