仮想通貨のIOSTとは?特徴&今後の将来性&おすすめの取引所を徹底解説!

仮想通貨のIOSTは、2020年の9月8日に日本の取引所で取り扱いが開始された仮想通貨です。日本初上陸したのが最近ということもあり、かなり注目を集めています。そのため、仮想通貨のIOSTがどのような特徴のある銘柄なのかよくわかっていないという方は多くいらっしゃるでしょう。実際に取引したいと思っても、情報が限られていると敬遠してしまうものですよね。

そこでこの記事では、仮想通貨歴10年以上になる管理人が、仮想通貨のIOSTについて徹底的にまとめてみました。特徴や今後の将来性、おすすめの取引所など気になる点を徹底解説します。IOSTについて気になっている人はぜひとも参考にしてください。

この記事の要点は以下の通りです。

  • JavaScriptによって開発ができるため、多くのプロジェクトに使われる可能性が高い
  • 処理速度に優れている
  • 現在はDefiで注目を集めており、人気がある
  • IOSTは将来性については明るい見通しがある
  • 国内でIOSTを購入することができる取引所はコインチェックのみ

IOSTはコインチェックに上場したことによって、価格が急激に上昇しました。単純に、IOSTが仮想通貨取引所に上場しただけでも、認知度は上がって価格が上昇します。

そのため、まだ国内でコインチェックしか上場していないIOSTは、今が買い時なのです!IOSTをお持ちでない方は、是非この機会にコインチェックで購入してみてはいかがでしょうか。

仮想通貨(暗号資産)を買うなら安全かつ手数料無料のコインチェック!

 コインチェック公式サイトでの口座開設はこちら

なお、IOSTについて詳しく知っておきたいという方は下記をご覧ください。

仮想通貨のIOSTとは?

IOSTは分散型ブロックチェーンネットワークです。2019年の2月25日にメインネットがローンチされました。日本においてもIOSTの研究開発は行われています。複数のプロジェクトが進められていて注目されているのです。

IOSTの特徴はシャーディング技術を取り入れている点です。シャーディングとはトランザクションの検証作業をバリデーターにグループごとに分けることで並列してトランザクションの処理ができる技術のことです。サイドチェーンを用意してトランザクションの処理を進めます。これによってメインチェーンにかかる負荷を軽減しつつ高い処理能力を実現しているのです。

IOSTは今後さらなる活躍を期待されています。そのため、今のうちからこの通貨に注目しておくと良いでしょう。

仮想通貨のIOSTの特徴

仮想通貨であるIOSTには具体的にどういった特徴があるのか詳しく解説しましょう。

効率分散型シャーディングを採用している

IOSTはスケーラビリティ問題の解決を目指すために効率分散型シャーディングという技術を採用しています。作業を分割して並行して進めることによって、作業速度の向上に成功しているのです。これによって、トランザクションの処理時間や手数料を削減しています。

スケーラビリティ問題は多くの仮想通貨において問題視されています。これは1つのブロックに書き込める取引データに制限があるために引き起こされる障害のことです。スケーラビリティ問題のせいで処理速度が低下するケースがよくあります。このような問題をIOSTは上手く解決しているのです。

PoBを採用している

IOSTの大きな特徴はPoBを採用している点です。独自のコンセンサスアルゴリズムであるPoBを採用しているため、非中央集権によって運営することに成功しています。

従来は非中央集権とスケーラビリティにはトレードオフがありました。どちらかを追求するともう一方が犠牲になってしまったのです。PoBの場合にはスケーラビリティを維持しながらも非中央集権性も維持することができます。

従来のシステムではステークされているトークン量に応じてブロックの生成権やガバナンスパワーが変化していました。この場合はすでに持つものがさらに得られる状態になっていました。それがPoBの場合では、ステーク量も影響するのですが、それ以外にもコミュニティへの貢献やアカウントからの投票といった要因によっても評価されるネットワークとなっているのです。

ネットワークへの貢献度が高いほどブロック生成権が得られると考えましょう。

JavaScriptによって開発できる

IOSTのスマートコントラクトはJavaScriptによって開発されています。この点は大きなメリットであり、すでにJavaScriptはたくさんの人が使えるからです。そのため、開発のための参入障壁は低くなっています。このことから、IOSTのスマートコントラクト活用はより盛り上がるのではないかとされているのです。

実際にIOSTの開発は盛り上がっていて、すでに世界中でさまざまなプロジェクトが進行しています。プロジェクトに使いやすい状態となっているため、利用量が増えやすい状況にあるのです。

ノードのストレージを削減できる

ノードになるためには通常過去のブロックのデータをブロックチェーン上に保存しなければいけませんでした。そのため、ノードになる際にストレージコストがかさんでしまうのが問題だったのです。これではサーバーに負荷がかかってしまい、システムパフォーマンスが低下する恐れがありました。このような状況では新しいノードが参加しづらくなります。

その点、IOSTでは特定のブロックに対してマイクロステートブロックを設定しています。これはチェックポイントのようなものであり、これによってチェックポイントより最新のブロックのみが保存されるようになったのです。これによって、ノードのストレージの削減に寄与しています。

処理速度に優れている

IOSTはTPSが2008ととても処理速度に優れているのが特徴です。他の通貨だとイーサリアムの場合はTPSが15となっているため、それに比べればIOSTの処理速度がとても速いことがわかるでしょう。TPSとは1秒間に処理することができるトランザクション数のことです。IOSTはトランザクションを高速に処理できるため待たされることなくブロックチェーンを構築できます。

DeFiの分野で積極的に活動している

IOSTはDeFiの分野での活動を積極的に行っています。DeFiとは分散型金融のことであり、現在欧米を中心に急拡大しているのです。そのため、暗号資産の一つであるイーサリアムの価格にまで影響を与えています。

そんなDeFiについて、IOSTはエコシステム構想を作り始めており、分散型取引所などのプロジェクトを進めているのです。今後はこの分野について新たなサービスの展開も予定されています。

たとえば、HUSDをサポートするブロックチェーンの最初のバッチとしてIOSTは参加しているのです。これはIOSTの影響力が増している証拠であり、今後はさらにIOSTは促進されていくでしょう。

HUSDはテクノロジー企業であるStable Universalによって発行されているステーブルコインです。DeFiのための安全で確実な資産を提供しています。そんなHUSDがIOSTと統合することになれば、DeFiエコシステムがさらに加速するのです。

電力取引の効率化を図るプロジェクトに参加している

IOSTのブロックチェーン技術はさまざまな分野での応用が目指されています。その一つとして再生可能エネルギーの電力取引の効率化を図るための開発にIOSTが参画しているのです。日本にあるelDesign株式会社とエバーシステム株式会社、さらにIOST/IOS財団が協業を行うことが2019年に発表されました

ブロックチェーン技術は複数の人の取引データを共同で管理できるシステムを支えています。これは電力取引に応用できると注目されたのです。上手くいけば既存のシステムよりも発電したときに電力をより高く販売できるようになります。電力を安く購入できるようになることも見込まれています。さらにはシステムの信頼性や効率性が高まることも期待されているのです。

電力は分散型電源の導入が拡大されているため、新しい電力取引システムが必要とされていました。そこでブロックチェーンに期待がかかり、IOSTが協力しているのです。

仮想通貨のIOST【今後の将来性】

IOSTの将来性はさまざまな要因の影響を受けることが考えられます。

例えば、エアドロップによる影響です。キャンペーンのようなものであり、特定の通貨を保有していると無料でトークンを受け取れます。基本的にはそのときに所有する通貨と同じ量だけ無料で配布されます。とてもお得な機会といえるため、実施される際には急激に価格上昇するのが特徴です。

その通貨の需要が短期的に上昇して、多くの人が買い求めます。今後のエアドロップのタイミングを確認しておくと良いでしょう。

また、IOSTを活用したプロジェクトに注目することも大切です。IOSTはセキュリティ面の優れたブロックチェーン技術を採用していて、さらに、多くのエンジニアが開発しやすいJavaScriptを採用しています。そのため、現在でもいろいろなプロジェクトに関わっているのが特徴です。

特に、金融商品や資産に関連したプロジェクトとの親和性が高いとされています。今後も世界中の企業との共同開発プロジェクトが進められるでしょう。プロジェクトの内容によっては、世界中で注目度が上がるため、価格上昇が見込まれるのです。

単純にIOSTが認知度を向上するだけでも価格が上昇する要因となります。日本では2020年にコインチェックに上場したことによってIOSTの注目度は上がりました。

今後はアジア圏内での取引が増える可能性があります。インドネシアでもIOSTの取引が始まったからです。IOSTの重要度は増すばかりです。

このように、IOSTは将来性については明るい見通しがあり、今後もさまざまな要因によって価格が上昇していくでしょう

仮想通貨(暗号資産)を買うなら安全かつ手数料無料のコインチェック!

 コインチェック公式サイトでの口座開設はこちら

仮想通貨のIOST【おすすめの取引所】

これからIOSTの取引をしたいのであれば、取引所はコインチェックを利用しましょう。現状、日本の取引所でIOSTを取り扱っているのはコインチェックだけだからです。コインチェックは国内最大手の取引所であり、さまざまなメリットがあるため安心して利用できます。

コインチェック(Coincheck)がおすすめ

コインチェックは全部で16種類もの仮想通貨を取り扱っている取引所です。スマホ専用のアプリを用意しているのが特徴であり、とても利用しやすいです。視覚的にもわかりやすいデザインで設計されていて、操作性も高いため、ストレスを感じずに仮想通貨の取引を進められます

その他にも、「Coincheckつみたて」というサービスを提供しているのも特徴です。こちらは仮想通貨投資を安定して行えるサービスであり、毎月一定額が自動で積み立てられます。1万円から積立可能であり、購入単価を引き下げることで長期的な投資を実現しているのです。ちなみに、入金から購入まではすべて自動化されています。

また、チャートや相場をサイトやアプリで確認できるのも魅力の1つです。わかりやすく表示されているので、初心者の方でも簡単に操作することができるでしょう。

このようにさまざまな利点があるのがコインチェックです。IOSTの取引をしたいのであれば、コインチェックに登録しましょう。

仮想通貨(暗号資産)を買うなら安全かつ手数料無料のコインチェック!

 コインチェック公式サイトでの口座開設はこちら

仮想通貨のIOSTに関するQ&A

IOSTについてさまざまな疑問に答えましょう。

IOSTの現在のプロジェクトは?
2020年6月からIOSTは医療データ共有プロジェクトであるロプラクスに参画しています。こちらはIOSTのブロックチェーンの技術を採用していて、PHRの導入を目指しているのです。2021年3月時点で第1フェーズが終了したと発表されています。PHR健康データを自分で管理する社会を目指すためにIOSTの技術が貢献されているのです。IOSTを利用することで改ざんされない環境で医療・健康記録の保存ができるようになります。個人が特定できないように医療健康データを利用できるようになり期待されているのです。次世代の新しい社会を実現するために大きく寄与しています。
仮想通貨のIOSTの価格はいくら?
IOSTの価格は2021年の6月に3円となりました。IOSTは、今後さらに価格上昇していくことが期待されています。急激に価格が上がっていく可能性もあるので、今のうちに購入しておきましょう。

まとめ

仮想通貨のIOSTについてまとめました。これまでにない新しい技術を取り入れた仮想通貨として注目されています。IOSTはさまざまなプロジェクトに関わっていて、日本の企業も参加しています。今後は価格上昇が期待できるため、今のうちに注目しましょう。

そんなIOSTを購入できる唯一の取引所は、コインチェックです。コインチェックであれば、スマホアプリやサイトが使いやすいため、初心者の方でもすぐに使いこなすことができるでしょう。

仮想通貨(暗号資産)を買うなら安全かつ手数料無料のコインチェック!

 コインチェック公式サイトでの口座開設はこちら

なお、IOST以外の仮想通貨の将来性についても気になる方は、今後伸びる将来性の高いおすすめ銘柄をランキング形式で下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

仮想通貨 おすすめ97銘柄の比較ランキング!今後伸びる将来性の高い銘柄とは?【2021年8月最新版】