仮想通貨のイーサリアムクラシック(ETC)を徹底解明!特徴&今後の将来性を解説!

イーサリアムクラシック(ETC)は、イーサリアムから分裂して生まれた仮想通貨です。そんなイーサリアムクラシックは、有名な仮想通貨であるイーサリアムが由来となっただけあって、取引量もかなり多いです。そのため、イーサリアムクラシックの存在をすでに知っているという方も多くいらっしゃるでしょう。

そこで、この記事では今注目されているイーサリアムクラシックについて徹底解明します。どのような特徴があるのか、今後の将来性はあるのか、どこの取引所で売買するのがおすすめなのかといった点について解説しましょう。仮想通貨のイーサリアムクラシックに興味がある方は、ぜひとも参考にしてください。

仮想通貨のイーサリアムクラシック(ETC)とは?

イーサリアムクラシックは、イーサリアムから派生して生まれた仮想通貨です。「The DAO事件」が起きて、その対応について争いがありました。そんな中で従来とは異なる概念で生まれたのがイーサリアムクラシックなのです。そのため、基本的な点はイーサリアムと共通しているのですが、よりハッキング対応を重視した仮想通貨となっています

「The DAO事件」とは2016年6月に起きた不正流出の事件です。この事件の際に、ハッキングの被害をなかったものにするロールバックと、ハッキングの事件を受け入れる「code is law」という2つのコミュニティが生まれたのです。結果的にロールバックが行われたため公式ではハッキングがないものとして扱われました。しかし、それに合意できない人たちもいたため、そこから新しい通貨としてイーサリアムクラシックが生まれたのです。

このような経緯から生まれて、今では独自の要素を持つ仮想通貨として多くの人が取引しているのがイーサリアムクラシックです。

仮想通貨のイーサリアムクラシック(ETC)の特徴

イーサリアムクラシックは仮想通貨としてどういった特徴があるのか説明しましょう。

発行上限が設定されている

もともとイーサリアムの方には発行上限が設定されていなかったのですが、イーサリアムクラシックには約2億1,000万枚~2億3,000万枚という上限が設定されています。発行上限の設定されている仮想通貨には、価格が上昇しやすいという特徴があるのです。これは発行上限に近くなると通貨としての希少通貨が高まるため、そこで価格上昇が起きるからです。

したがって、通貨の発行が進んでいくと将来的には希少性がより高まるため、通貨としての価値が上がっていくと考えられます

IoTプラットフォームとして開発されている

イーサリアムクラシックは、もともとハッキングの事件が起きたためにセキュリティを強化することが必要となって開発された通貨です。そのため、IoTプラットフォームとの相性が良いです

IoTプラットフォームとはネットを通じてモノとモノをつなげることで人々の生活をさらに快適にするという概念です。このIoTプラットフォームにはセキュリティ性が強く求められます。個人情報の流出を防ぐ必要があり、ハッキングへの対策も重要となるのです。

このようなIoTプラットフォームとしての運用を意識して開発が進められたのがイーサリアムクラシックです。そのため、さまざまな点においてセキュリティ性能が高まっていて、安心して利用できる通貨となっています。

非中央集権的な通貨である

イーサリアムから派生して生まれたため、共通点が多くあり、その1つが非中央集権のプラットフォームである点です。スマートコントラクト機能を持っていて、契約内容を自動で実行するシステムによって運営されています。ユーザーが自身で契約システムを設計して契約の実行もシステム上で自動的に行わせることが可能です。管理体制が柔軟であり、非中央集権的なのです。

非中央集権的であるため、仮にハッキングによってチェーンが攻撃を受けたとしても、市場の流れに任せます。

拡張性を制限している 

セキュリティ性を高めることを重視しているため、拡張性を制限しています。不必要な拡張をすると、それによってセキュリティ性に影響を及ぼすことを懸念しているからです。

そのため、これからアップグレードするのは、プロトコルレベルにおいてバグや脆弱性が見つかった場合に限ると発表されています。無闇に拡張をしないことによって、耐ハッキング性を向上させることに成功しているのです。

流動性が高い

イーサリアムクラシックは、イーサリアムと同様のブロックチェーンを使っています。そのため、当初から多くの人が通貨を持っていて取引を進めていました。新しく誕生した通貨はなかなか取引量が増えにくいものです。それが、イーサリアムクラシックはもともとユーザーの多い通貨から派生したため、最初から世界中の人達が利用するようになり、今でも流動性の高い通貨となっています。

サイドチェーンの実装を目指している

イーサリアムクラシックでは、現在サイドチェーンの実装を目指して開発が進められています。サイドチェーンとはメインチェーンとは別に存在するブロックチェーンを用意して活用することです。サイドチェーンが実現するとメインチェーンの機能を拡張することができるのです。メインチェーンに負荷がかかったとしても、サイドチェーン上でデータ処理を進めることもできます。そのため、従来よりもさらにスムーズな運用ができるようになります。

承認速度が速い

イーサリアムクラシックは約15秒で承認が完了するため速度がとても速いのが特徴です。ビットコインは承認に10分程度かかるため、イーサリアムクラシックはこの点においてとても優れています。取引の承認に時間がかからないということは実用性が高いということです。そのため、今後の実用化が期待できる通貨とされています。

仮想通貨のイーサリアムクラシック(ETC)【今後の将来性】

仮想通貨のイーサリアムクラシックは、さまざまな点で今後の将来性が高い通貨といえます。その理由の1つはIoT分野での利用を目指して開発が進められている点です。もともとハッキング事件から誕生した通貨のためセキュリティ性が高くなっています。この点はIoTでの利用と相性が良いのです。IoT分野での実用化のための環境開発が進められているため、将来的に実用化が実現すれば多くの人が利用するようになって、ニーズがどんどん高まっていき、価格上昇も期待できます。

また、イーサリアムクラシックはサイドチェーンの実装が進められているのが特徴です。もし、今後サイドチェーンが実現すれば、ますます便利な通貨となります。そうなれば、取引量が増える可能性は高いでしょう。

これから新しい取引所で取り扱われるケースもあります。取り扱う取引所が増えることによって、価格は上昇するのです。セキュリティ性の高さやIoT分野での活用、サイドチェーンの実装などが進むことによって、ニーズが高まっていき、新たに取り扱う取引所が増える可能性は十分に考えられます。

イーサリアムクラシックは、イーサリアムと価格上昇が連動しています。イーサリアムは現在でも多くの人が取引していて価格上昇を続けている通貨のため、それに伴ってイーサリアムクラシックも価格上昇を続けているのです

2020年にイーサリアムクラシックは高騰しました。特に1月の中旬から顕著な価格上昇が行われたのです。これにはさまざまな理由がありました。たとえば、BINANCEにおいて先物取引に採用すると発表されたことや2020年1月13日にハードフォークが実施されたことが挙げられます。また、大型アップグレードであるアガルタも行われています。これらの要因によって、2020年1月の中旬から価格上昇して、186%高を記録しました。3倍弱も価格が上がり、過去最高の日間出来高も実現したのです。

このように注目度が増している通貨のため、今後も価格上昇する可能性はあります。将来性について魅力的な要因が多数あるため、今から注目しておきましょう。

仮想通貨のイーサリアムクラシック(ETC)【おすすめの取引所】

仮想通貨のイーサリアムクラシックをこれから購入したいという方の中には、どの取引所を利用するべきか悩んでしまっている方もいらっしゃるかもしれません。そのような方におすすめな取引所は、コインチェックです。

コインチェック(Coincheck)がおすすめ

コインチェックはメディアでも取り上げられていて、多くの人が利用している国内最大手の取引所です。たくさんの人が利用しているのは、それだけ使いやすくて信頼されている証拠です。

コインチェックは2014年8月にスタートした仮想通貨取引所です。ユーザビリティを徹底的に追求しているため、初めて仮想通貨の取引をする方にも使いやすいと評判です。サイトはもちろんのことアプリでも取引をしやすくなっており、スマホでアプリを利用すれば、いつでもどこでも自由にコインチェックで通貨の取引ができるのです。

また、コインチェックはあの超有名なマネックスグループの子会社となっているため、安全性や信頼性がかなり高いです。取り扱っている通貨の数が国内では最多になっている点もメリットです。そのため、これからいろいろな通貨を取引したいという方におすすめできます。

実際に登録して取引に慣れてきたならば、別の通貨にもチャレンジしてみると良いでしょう。魅力的な特徴のある通貨がたくさん扱われています。

このようにメリットがたくさんあるため、コインチェックを利用してみましょう。

仮想通貨のイーサリアムクラシック(ETC)に関するQ&A

イーサリアムクラシックについてさまざまな疑問に答えましょう。

仮想通貨のイーサリアムクラシック(ETC)の価格はいくらなのか?

仮想通貨のイーサリアムクラシックの価格は、2021年4月1,900円前後となっています。過去の最高値は2018年1月の約4,600円であり、それを下回っているのですが、価格は2020年から上昇傾向にあります。そのため、今後も上昇を続けるのではないかと予想されているのです。

仮想通貨のイーサリアムクラシック(ETC)の今後の注目ポイントは?

仮想通貨のイーサリアムクラシックは、今後もさまざまなアップグレードを続けていくでしょう。新しい取引所での取り扱いが始まったり、いろいろな国や企業との提携が始まったりする可能性もあります。そのため、そういった最新情報に常に注目しておくと良いでしょう。いろいろな情報をチェックすることによって、さまざまな事態に備えておくことができます。価格上昇の可能性を見逃さないようにすることが大切です。

まとめ

仮想通貨の一つであるイーサリアムクラシックについて解説してきました。イーサリアムクラシックは、イーサリアムから派生した通貨であり、セキュリティの高さをはじめ独自の要素が備わっているため多くの方に注目されています。

そんなイーサリアムクラシックを購入できるおすすめの取引所は、コインチェックです。コインチェックは、安全性や信頼性が高い上に、スマホアプリも使いやすいため、多くの方におすすめできます。イーサリアムクラシックがいつ暴落してもすぐに購入できるように、今のうちにコインチェックで口座開設をしておきましょう。

暴落してから口座開設するのはもったいないです!口座開設にはどうしても時間がかかってしまいます。そのため、あなたが口座開設している間にもしかしたら価格が上がるかもしれないのです。なるべく安い価格で購入するためにも、今のうちに口座開設しておきましょう。