コインチェック(Coincheck)はレバレッジ取引ができない?それに代わる4個の魅力を紹介

コインチェック(Coincheck)のレバレッジ

コインチェックは、多くのトレーダーから支持を集めている仮想通貨取引所です。

  • コインチェックはレバレッジ取引ができない?
  • 現物取引とレバレッジ取引の違いがわからない
  • レバレッジ取引には、どんなメリットとデメリットがあるの?

そんなコインチェックに対してこのような疑問を感じている人もいるかもしれません。

結論から言うと、コインチェックは、2020年3月にレバレッジ取引を終了しています。しかし、レバレッジ取引はできなくとも、コインチェックにはレバレッジ取引に代わる4個の魅力があるのです。

そんなレバレッジ取引に代わる4個の魅力をご紹介する前に、一般的なレバレッジ取引とはなにか、現物取引との違い、メリット・デメリットについて解説してきましょう。

レバレッジ取引ができなくても、コインチェックの魅力があることを知ってください。

レバレッジ取引とは?

レバレッジ取引とは、口座にある資金以上の取引ができるシステムです。レバレッジ取引は、シーソーの仕組みと似ています。左側に軽い、右側に重いおもりを置いても、シーソーは動きます。バレッジ取引は、小さなお金で大きな取引ができるので、大きな利益と損失をかかえやすいです。例えば、あなたの口座に10万円しかなくても、資金の数倍以上の取引ができるのです。

レバレッジ取引の仕組みを紹介しましたが、前述した通り、コインチェックでは2020年3月にレバレッジ取引が終了しました

では「コインチェックは、レバレッジ取引ができないから使えないのか」と考える人もいるかもしれません。しかし、コインチェックは、レバレッジ取引以外の魅力的なサービスがあります。

ここからは、レバレッジ取引のメリット・デメリットとコインチェックの魅力的なポイントを紹介しましょう。

レバレッジ取引と現物取引の違いは?

レバレッジ取引と現物取引は、注文方法の違いがあります。現物取引では、買い注文しかできないので、下落したときに儲けられません。しかし、レバレッジ取引は、買い・売り注文も可能です。

また、利益の計算方法も違います。現物取引は、買った価格と売ったときの価格差が利益です。レバレッジ取引は、決済時の差額が利益になります。

コインチェックでレバレッジ取引が利用できたときは、4倍のレバレッジ取引ができました。

口座に10万円があれば、40万円分までレバレッジ取引ができます。そのため、大きな利益も得られますが、損失も大きくなるのです。

レバレッジ取引は、仮想通貨FX、信用取引、先物取引で利用できます。小資金でハイリターンハイリスクな取引をするには、レバレッジをかける必要があるのです。

レバレッジ取引のメリット

レバレッジ取引には、2個のメリットがあります。

元手以上の資金で取引ができる

口座にある元手以上の資金ができます。上昇・下落トレンドに乗れると、大きな利益が得られるでしょう。

スキャルピング(短期売買)でも、スプレッド以上の利益幅を取れれば、利益を積み上げられます。

買い・売り注文もOK

レバレッジ取引は、売り注文からのエントリーができます。

価格が下がるときに売り注文をして、上手く下がったら買い戻して取引所に返済します。

レバレッジ取引のデメリット

レバレッジ取引には、2個のデメリットがあります。

損失が大きい

レバレッジ取引は、損失が大きいです。最悪のケースでは、借金のような状態(追証)になるので、現物取引よりも資金を失います。

追証は「この証拠金ではポジションを持ち続けられません。いまから証拠金維持率を上げてください」といったメッセージです。ポジションを維持するには、一部を決済または入金が必要になります。

リーマンショックやコロナショックのような大暴落があれば、損切りを設定してもも急な値動きに対応できなくて、大きな損失を出てしまいます。よって、借金のような状態になりたくない人は、現物取引がおすすめです。

手数料が高くなる

レバレッジ取引では、スワップポイントといったシステムがあります。ポジションによってはポジションを保有するとスワップポイントがもらえるシステムです。スワップポイントを支払うときもあるので、長期取引だと手数料がかかります。

レバレッジ取引をするなら、スキャルピング(短期売買)またはデイトレードがおすすめです。

コインチェック(Coincheck)の4個の魅力

コインチェックには、4個の魅力があります。

チャートが見やすい

コインチェックは、チャート画面が見やすいのが魅力です。見やすいチャートであれば、仮想通貨の初心者でも取引がしやすいでしょう。

見やすさだけではなく、ユーザーインターフェイスにこだわっているので取引も簡単です。スマホアプリも見やすいので、外出先でのトレードもしやすいです。

仮想通貨の取り扱い数が多い

コインチェックの仮想通貨取扱数は16種類です。2021年4月7日には、オーエムジーの取引もスタートしたので、仮想通貨のバリエーションが増えています。

仮想通貨取扱数が多くなれば、複数の通貨を取引できるのでリスクヘッジができます。

マネックスグループの運営

コインチェックは、マネックスグループが運営しています。マネックスグループのノウハウを活かして、コールドウォレットや二段階認証なども取り入れ、セキュリティを強化しています。

そのため、コインチェックは信頼できる仮想通貨取引所なのです。

仮想通貨取引以外のサービスが充実している

コインチェックは、仮想通貨取引以外にも主に4個のサービスがあります。

貯金のように1万円分のビットコインを貯められる「コインチェックつみたて」、電気代をビットコインで支払ったり、もらえる「コインチェックでんき」、現金やビットコインで支払うと、ガス代が安くなる「コインチェックガス」、仮想通貨を貸して最大年5%の利用料がもらえる「貸仮想通貨サービス」があります。

仮想通貨の投資をしなくても、ノーリスクな仮想通貨の資産運用ができるのも魅力です。

コインチェック(Coincheck)で口座開設をする方法

コインチェックでは、レバレッジ取引よりも安全な現物取引ができます。ここからは、コインチェックの口座開設方法を紹介します。

アカウントを作成する

コインチェックで口座開設するには、アカウントが必要です。まずは、コインチェックのホームページにアクセスして、会員登録をクリックします。

「メールアドレス」と「パスワード」を入力したら「メールアドレスで登録」をクリックしてください。

電話番号認証

アカウントを作成したら、電話番号認証で本人確認をします。コインチェックのアカウントにログインをして「本人確認書類を提出する(緑のボタン)」をクリックします。

携帯電話番号を入力したら「SMSを送信する(青いボタン)」をクリックしてください。

本人確認書類を提出する

コインチェックでは、2つの本人確認方法があります。スマホアプリのアップロードとホームページからの申請があるので、使いやすいものを選んでください。

スマホアプリを利用した「かんたん本人確認」では、ウェブだけで口座開設の手続きができます。ホームページの申込については、ハガキの受取まで本人確認が完了しません。

まとめ

コインチェックのレバレッジ取引を紹介しました。残念ながらコインチェックでは、2020年3月でレバレッジ取引が終了しています。

ほかの仮想通貨取引所とコインチェックを併用する方は、レバレッジ取引の仕組みを知っていると損しません。コインチェックには、コインチェックつみたてや貸仮想通貨サービスなど、レバレッジ取引以外のサービスが充実しています。

チャートも見やすくて取引もしやすいので、仮想通貨取引の初心者はコインチェックをはじめてみてはいかがでしょうか?