ビットポイント(BITPoint)の使い方を完全まとめ!登録から出金&アプリの使い方までを紹介

ビットポイントを利用している方も、まだしていない方もこの記事をご覧になっているということは、ビットポイントの使い方について詳しく知りたいということでしょう。

ビットポイントは、現在人気急上昇中の仮想通貨取引所です。ビットポイントには、本格的なトレードができるツールや販売所のように簡単に仮想通貨を売買できるツールなど、初心者からプロの方まで使えるツールが充実しています

この記事では、そんなビットポイントの使い方を完全まとめにしてみました。登録から出金&アプリの使い方までをご紹介していきます。これからビットポイントを利用される方は、是非参考にしてみてください!

それでは、ビットポイントの使い方について解説する前に、まずはビットポイントとはどういう取引所なのかを解説していきます。

ビットポイント(BITPoint)とは?

ビットポイントとは、日本にある仮想通貨取引所の一つで、2016年に設立された株式会社ビットポイントジャパンが運営している取引所になります。

ビットポイントでは仮想通貨の現物取引サービスやレバレッジ取引を提供しており、6種類の通貨を取り扱っています。

ビットポイント(BITPoint)の取り扱い通貨

ビットポイントでは、現在以下の7種類の通貨を取り扱っています

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ライトコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • ベーシックアテンショントークン
  • リップル
  • トロン

メリット

基本的な手数料が全て無料

ビットポイントでは、入金する際の手数料や出金手数料、取引の際の手数料など、現物取引にかかる手数料は全て無料となっています

また、通常入金する際に毎回数百円程度の手数料がかかるクイック入金をする際も無料で行えるため、24時間365日いつでも気軽に入出金を行うことができます。

セキュリティが高い

ビットポイントでは、様々なセキュリティ対策がされており、「二段階認証」はじめ「マルチシグに対応」「コールドウォレットでの資産保管」「日照金信託銀行からの資産保管」などが行われております。

さらに、セキュリティ対策には大手会社の楽天証券の元最高責任者が携わっているため、国際規格に準拠しています。

ビットポイントでは、これらのセキュリティ対策を行っているため、国が定めている情報セキュリティ格付けでA評価をもらっていることもあり、セキュリティ面においては安心と言えるでしょう

スマホ専用アプリが使いやすい

取引をするうえで、気軽に外出先などでも取引できることは大きな利点でもあります。

ビットポイントで提供されている専用のアプリは、ユーザーファーストで構築されており、初心者でも見やすく使いやすくなってます。

MT4の利用可能

MT4とは、FXや仮想通貨取引の世界中のトレーダーが多き利用している取引プラットフォームになります。

ビットポイントでは、このMT4が利用できるため、世界中のトレーダーと同じ情報を共有することができ、様々な分析ツールを表示させることができますので、取引する上でかなりの情報を得ることができます

デメリット

取引できる通貨が少ない

ビットポイントで取引できる通貨は7種類ありますが、大手の取引所と比較するとまだまだ少ないのが現状です。

初心者の人などはあまり取引できる通貨の数が多すぎるとどれを取引したら良いのかわからない場合が多いので、あまり関係ないと思いますが、慣れてくるうちに「自分でこの通貨の取引をしたい!」というのがでてくると思います。

そのため、取引できる通貨の数が少ないと選択肢も狭くなってしまうため、諦めて違う通貨で取引するか、別の取引所で取引を行うなど手間がかかってしまう場合があります。

取引量が少ない

取引する量が少ないと自分が希望する取引の成立が難しくなってしまいます。

取引ができないと結果的に戦略負けの結果に終わってしまう場合がありますので、注意が必要となります。

ロスカットが他の取引所よりも早い

ビットポイントの場合は証拠金維持率100%を下回ってしまうと強制的にロスカットされてしまいます。

他の取引所は証拠金維持率50%や80%に比べ、ビットポイントの場合は100%に設定されているため、すぐにロスカットされてしまう場合がありますので、注意が必要となります。

ビットポイント(BITPoint)の使い方【登録方法】

ビットポイントの使い方を解説していきます。

ビットポイントを利用するためにはビットポイントのアカウントを持っていないと始まりませんのでまずはアカウント登録から行いましょう。

アカウント登録

口座開設するには、ビットポイントの公式サイトから手続きを行います。口座開設にはメールアドレスと本人確認書類が必要になりますので、あらかじめ用意しているとスムーズに登録することができます。

本人確認が完了したら、次は基本情報の入力です。

名前や住所などの必須項目を入力し、「同意します」にチェックを入れて次に進みましょう!

その後、審査が始まりますが、ビットポイントの場合は基本的には当日中に審査が終了しますので、すぐに取引することができます。

ビットポイント(BITPoint)の使い方【入金方法】

続いて入金方法を紹介、解説していきます。

入金方法

ビットポイントの入金方法は主に「銀行振込」と「即時入金」のどちらかで入金することができます。

銀行振込を希望する場合、入金手数料は無料ですが、各金融機関での振込手数料がかかってしまう場合がありますので、注意してください。

仮想通貨の送金

他の取引所やウォレットから、ビットポイントに仮想通貨を送金することができます。まずは、先ほど同様に「入出金」をクリックし、入金したい銘柄の選択、その横にある「入金ボタン」を選択しましょう。

すると、入金先の「入金アドレス」「QRコード」の2つが表示されますので、送付元となるウォレットや取引所から送金を行いましょう。

ビットポイント(BITPoint)の使い方【取引方法】

ビットポイントは以下の取引方法を提供しています。

仮想通貨の「現物取引サービス」

仮想通貨の現物取引サービスでは、上記で紹介した7種類の仮想通貨を日本円とのペア取引で通貨を売買することができます。

取引は基本的にメンテナンス時間を除く24時間365日取引可能になりますので、いつでも時間があるときに取引することが可能となります。

仮想通貨のレバレッジ取引サービス

仮想通貨のレバレッジ取引サービスでは、証拠金を口座に預け入れすることによって、預入した金額の最大4倍の額の取引が可能になりますので、利益を大きく増やすことができます。

仮想通貨のレンディングサービス

仮想通貨のレンディングサービスは、自分が現在所持している仮想通貨をビットポイント側に貸し出すことで、貸出条件に応じた金額を受け取ることができるサービスになっています。

ビットポイント(BITPoint)の使い方【チャート】

ビットポイントのチャート確認方法はチャート上部の「価格情報」を選択後「価格チャート」から詳細チャートを確認することができます。

上部のメニューからは「通貨ペアの選択」「時間軸の変更」「トレンドライン」などを聞くことができ、自分の見やすいチャート画面を作ることができます。

ただし、こちらのチャート画面からは取引を行うことができませんので、注意してください。

仮想通貨取引を行いたい場合は「BITPointAdvance」から取引することができます。

BITPointAdvance

トップ画面上部メニューから「仮想通貨取引」→「BITPointAdvance」をクリックするとトレード画面にすぐ移動します。

こちらの画面では、チャートや板、注文、価格情報などを確認することができ、現物取引とレバレッジ取引の切り替えも容易に行うことができます。

指値注文方法

指値注文はすぐに売買が成立することはありません。

自分の売買したい通貨や数値を入力後、確認画面が表示されますので、確認後「執行」ボタンをクリック、暗証番号などを入力すると注文完了状態となります。

逆指値注文

先ほどの指値注文と基本的な操作は同じとなります。

ただし、条件の入力が異なりますので、注意しましょう。

ビットポイント(BITPoint)の使い方【MT4】

MT4では「成行注文」「指値注文」「逆指値注文」などといった基本的な注文方法で取引が可能となります。

それ以外にも「IFD注文」や「OCO注文」「トレイリングストップ」などより高度な注文方法が可能となり、非常に便利ですが、初心者の人にはなかなか難しいため、まずは基本的な取引方法から覚えて知識をつけると良いでしょう。

最初から上記のような様々な取引方法で取引することも良いですが、正直他の一般的な取引よりも難しいため、頭がパンクしてしまわないように注意が必要となります。

ビットポイント(BITPoint)の使い方【スマホ】

BITPoint Liteはパソコンをわざわざ開かずに、外出先からなど気軽に取引などを行うことができる専用アプリです。アプリはログインIDとパスワードの入力だけで無料で利用することができます。

取引は基本的に現物取引しかできませんが、外出中や隙間時間などに取引をできたり、自分の売買している通貨のチャートを確認することができるため、インストールしておくことをおすすめします。

個人的な感想ですが、サイトから取引するよりもアプリで取引を行う方が簡単でスムーズに行うことができるためおすすめです。

専用のアプリは、「GooglePlay」「Appstore」から無料でインストールすることができます。

ビットポイントの使い方【出金方法】

入金時と同様にメニューの左河にある「入出金」から自分の出金を行いたい銘柄の横の「出金」ボタンから出金手続きを行いましょう。

出金する際も同様に出金先のアドレス追加画面が表示されますので、そちらに出金先のアドレスを入力し、出金手続きを行います。

アドレスを間違えたまま送金してしまうと、送られた通貨は基本的に戻ってこない可能性が高いので、アドレス入力する際は注意が必要となります。

まとめ

これまでビットポイントの使い方について紹介してきましたが、いかがでしょうか?

操作や取引自体は他の取引所同様に、簡単に行うことができますが、より難しい取引内容なども混在していますので、初心者の人やまだ取引をしたことが無い人などはまずは一般的な取引から始め、慣れてきたらMT4などで難しい取引にチャレンジしてみるのも良いかもしれません。

最初からMT4の取引を覚えようとしてしまうと、かえって挫折してしまう恐れがありますので、注意するようにしてください。

まずは、公式のホームページからアカウント登録、口座開設が無料で行えるので、まずはそこから始めてみてはいかがでしょうか。ビットポイントの仮想通貨取引を上手に利用して、早めに資産運用を始めましょう!!