ビットフライヤー(bitFlyer)の安全性は?信頼できる取引所か徹底調査!

ビットフライヤー(bitFlyer)の安全性

ビットフライヤー(bitFlyer)は多くのユーザーに利用されている仮想通貨取引所です。

  • ビットフライヤーの安全性は実際どうなの?
  • 安全かつ信頼できる取引所なの?
  • 信頼性のおける取引所で取引したい!

このように思われている方も多くいらっしゃるでしょう。コインチェックのハッキング被害により、仮想通貨取引所を信頼しきれず、なかなか口座開設に踏み切れない方も多いはずです。大事な資金を預けるからには、安全性や信頼性のおける仮想通貨取引所で取引したいものですよね。

そこでこの記事では、ビットフライヤーの安全性は高いのか、信頼できる取引所なのか徹底調査してみました。またセキュリティシステム・経営に対する信頼・補償制度についても合わせてご紹介していきます。

結論から言うと、ビットフライヤーの安全性・信頼性は高いです。こだわりのあるセキュリティシステムを構築しており、セキュリティ面で世界トップレベルの評価を受けている仮想通貨取引所です。

このページを最後まで進めていけば、ビットフライヤーの安全性や信頼性について完璧に把握することができるため、安心して取引できるようになるでしょう。

ビットフライヤー(bitFlyer)の安全性

それでは、ビットフライヤーの安全性についてみていきましょう。

ビットフライヤー(bitFlyer)のセキュリティは世界トップレベル

ビットフライヤーのセキュリティは世界トップレベルとの評価を受けています。2018年1月25日にSqreenというセキュリティーアプリサービスを提供している会社が、ビットフライヤーのセキュリティは世界最高レベルと評価しました。

現在でもビットフライヤーはセキュリティ・ファースト主義を掲げており、「セキュリティの問題はいかなる状況においても最優先に対処すべき」という意思決定を貫いています。そのため、ビットフライヤーのセキュリティは安全性が高いと言えるでしょう。

それでは、そんなビットフライヤーのセキュリティシステムについて具体的にみていきましょう。

ビットフライヤー(bitFlyer)のハッキング対策【FWとWAF】

ビットフライヤーのハッキング対策には、FWとWAFがあります

FW(ファイヤーウォール)とは、外部からのネットワークを遮断するシステムになります。このFWを採用することで得られるメリットは以下の通りです。

  • 外部からの攻撃を受けても社内のネットワークにまでハッカーは入り込めない
  • 社内のネットワークから外部のファイル共有サービスにはアクセスできない

このようにビットフライヤーでは外部からのセキュリティ対策はもちろんのこと、内部からもセキュリティを施しています。

さらにWAF(ウェブ・アプリケーション・ファイアウォール)を採用することによって、WEBアプリケーションの通信も検査することが可能です。このWAFを採用することに得られるメリットは以下の通りです。

  • FWだけでは防げないWEBアプリケーションの通信を検査できる
  • 外部からの攻撃(外部からの不正操作、情報の盗用、サイトの改ざんなど)を受けても、その通信を遮断することができる

これらのハッキング対策を行うことで、ビットフライヤーは世界トップクラスのセキュリティレベルを誇っています。また、ビットフライヤーではFWとWAF以外にも以下のような安全対策を行っています。

ビットフライヤー(bitFlyer)の安全対策

ビットフライヤーでは、以下のような安全対策を施しています。

  • パスワード
  • アカウントロック
  • 二段階認証

それでは、一つずつ見ていきましょう。

パスワード

ビットフライヤーでは、パスワードを9文字以上100文字以内と定めています。なお、よく使われる文字列は禁止しているため、「0123」「abcd」などの予測できる文字列は1文字としてカウントしています。

アカウントロック

ビットフライヤーでは、アカウントにログインした際にパスワードを一定回数以上間違えるとアカウントロックがかかるようになっています。

そのため万が一、IDを盗まれたとしてもログインを防ぐことができます。

二段階認証

ビットフライヤーでは、二段階認証も採用しています。

二段階認証とは、IDとパスワードだけでなく認証コードも入力しないとログインできないシステムのことをいいます。この認証コードは、IDとパスワードでログインした後デバイスに届きます。

二段階認証を採用することによって、仮にIDとパスワードが盗まれたとしても、利用者が所有している端末がなければログインすることはできません。

ビットフライヤーでは、このような利用者が自分自身で設定できる安全対策も行っています

経営に対する信頼

それではビットフライヤーの経営に対する信頼は、どのようになっているのでしょうか。

まずは、会社概要からみていきましょう。

設立2014年
資本金4,102,380,000円(資本準備金込み)
取扱通貨ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、
リップル(XRP)、イーサリアムクラシック(ETC)、
ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、
モナコイン(MONA)、リスク(LSK)、
ステラルーメン(XLM)、ネム(NEM)、
テゾス(XTZ)、ベーシックアテンショントークン(BAT)

ビットフライヤーにはこのような莫大な資金があるため、他社ができないセキュリティシステムの導入や開発に力を入れることができます。

大企業から出資を受けている

ビットフライヤーは、以下のような大企業から出資を受けています。

  • みずほフィナンシャルグループ
  • 三井住友グループ
  • 三菱UFJフィナンシャルグループ
  • 第一生命

このような大企業は信頼性のおける会社にしか出資しません。このことから、大企業がビットフライヤーに信頼と期待を寄せていることがわかります。

金融庁から認可されている

ビットフライヤーは、金融庁から仮想通貨交換業者として認可を受けています

そのため、安全性や信頼性は高いといえるでしょう。

補償制度がある【国内唯一】

ビットフライヤーには国内唯一の補償制度があります。

資産の安全性を担保

ビットフライヤーは大手保険会社に加入することで、安全性を担保しています。

万が一、メールアドレスやパスワードが盗まれて不正な日本円出金が行われたとしても、資金は補償されます。

仮想通貨の専用保険

ビットフライヤーは、仮想通貨に特化した保険を開発しました。この保険は取引所専用の保険で、利用者の資産の安全性を高めることができます。

そのため、たとえハッキング被害にあったとしても、利用者を守ることができます。

ビットフライヤー(bitFlyer)は信頼できる取引所!

徹底調査の結果、ビットフライヤーは信頼できる取引所だということが判明しました

ビットフライヤーは、世界トップクラスのセキュリティの高さを誇り、国内唯一の補償制度がある取引所です。

金融庁からも認可を受けているため、安全して利用することができるでしょう。

せっかく仮想通貨投資を行うのですから、信頼できる取引所を選ぶのが1番です!

信頼性や安全性が高いビットフライヤーで、仮想通貨投資を始めましょう。

まとめ

ビットフライヤーの安全性について復習しておきましょう。

  • 世界トップクラスのセキュリティレベル
  • 信頼できる経営
  • 国内唯一の補償制度がある

安全性・信頼性の高いビットフライヤーは、仮想通貨取引所の中でも最大限の安全対策を行っています。

そのため仮想通貨を安心して取引したいという方は、ビットフライヤーがおすすめです!