ビットフライヤー(bitFlyer)の使い方を徹底解説!アプリ&FX取引&注意点について

ビットフライヤー(bitFlyer)の使い方

ビットフライヤーは、安全性や信頼性が高いため、かなり人気のある仮想通貨取引所です。

  • ビットフライヤーの使い方がわからない
  • アプリはどうやって使うの?

そんなビットフライヤーに関して、このように思われている方も多くいらっしゃるでしょう。そこで、この記事ではビットフライヤーの使い方を徹底解説していきます。また、アプリの使い方やFX取引のやり方、注意点なども合わせてご紹介していきます。

なお、ビットフライヤーで仮想通貨を売買するためには、まず口座開設をして入金しなければいけません。ビットフライヤーで口座を開設する方法を詳しく知りたい方は、「ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設方法と本人確認書類を徹底解説!」にまとめているので、そちらをご覧ください。

すでにビットフライヤーで口座開設と入金を済ませ、これから仮想通貨を買いたいと考えている方はこの記事を是非参考にしてください。

それでは、ビットフライヤーの使い方について解説する前に、まずはビットフライヤーとはどういう取引所なのかを解説していきます。

ビットフライヤー(bitFlyer)とは

ビットフライヤーとは、最もシェア率の高いビットコイン取引所サービスとして知られている仮想通貨取引所です。

日本のブロックチェーン協会の主幹企業としても有名で、多くの仮想通貨取引ユーザーが安心感を求めてビットフライヤーを利用しています。

ビットフライヤー(bitFlyer)の特徴

ビットフライヤーは初心者でもわかりやすく使いやすいとされていて、その評判の良さにも以下の特徴があります。

国内大手の仮想通貨取引所

ビットフライヤーは、日本で一番最初にできた仮想通貨取引所になります。他にも様々な取引所がありますが、ビットフライヤーは他の取引所と比較しても歴史が長く、取引所運営のノウハウがしっかりしています。

また、ビットフライヤーは国内大手の三井住友グループやSMBCベンチャーキャピタル、リクルートに第一生命といった各業界のトップクラスの企業から多額な出資を受けているため、資本力や取引所の運営安定や新しいサービスの展開など多くの期待を持たれています。

ビットコイン取引量日本一

仮想通貨と取引において、流動性は注目しておくポイントの一つです。

国内の仮想通貨の取引所は様々ありますが、ビットフライヤーはビットコイン取引量で日本最大の実績を維持し続けている数少ない取引所です

ビットフライヤー(bitFlyer)の取り扱い通貨

ビットフライヤーでは以下の仮想通貨が取引可能となります。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • リスク(LSK)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ネム(NEM)
  • テゾス(XTZ)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)

ビットフライヤー(bitFlyer)の使い方

ここからはビットフライヤーに使い方について紹介していきます。ビットフライヤーでは、主に販売所形式と取引所形式の2種類を採用しています。ビットフライヤーのトップページから仮想通貨取引や入出金管理、他サービスにアクセスすることができます。

販売所

ビットフライヤーの販売所で仮想通貨を購入する流れは以下の通りです。

  1. 購入したい仮想通貨を選ぶ
  2. 購入したい仮想通貨の数量を選ぶ
  3. 注文を確定する

このように、トップページの販売所から売買したい仮想通貨の数量を入力するだけで簡単に仮想通貨取引を行うことができます。

取引所

ビットフライヤー取引所で仮想通貨を購入する流れは以下の通りです。

  1. 取引所タブから、ビットコインを選ぶ
  2. 購入したいビットコインの「数量」と「価格」を選ぶ
  3. 買い注文を確定する

ビットコインを購入する場合は、「1番高い買値よりも上の価格」もしくは「買い板に表示されている価格」を設定すれば、取引が成立しやすくなります

ビットフライヤー(bitFlyer)の使い方【アプリ】

ビットフライヤーでは、公式アプリをインストールしておくと、外出先からでも「売り時」「買い時」を逃すことなく取引することができます

まず、ビットフライヤーのアプリをインストールする必要がありますが、ビットフライヤーアプリはiPhoneでもandroidでも無料でインストールすることができます。

アプリをインストールすることができたら初期設定を行いましょう。まだ、登録が済んでいない人は登録からのスタートになります。

アプリ設定

登録が完了し、アプリにログインすることができたら初期設定から行いましょう。

画面左上をタップするとメニュー画面が出てきますので、一番上をタップして自分のアカウントのページに移動しましょう。

マイページに移動すると、いくつかの項目(アカウント履歴・セキュリティ・設定など)が存在しますので、その中の「設定」をタップすると、自分のプロフィール変更や、取引の変更、通知設定などが設定することができますので、設定してみましょう。通知設定は必ず通知ありにしておきましょう!

これらの設定が終わったら、次にウィジット機能の設定です。こちらの機能を利用することで、スマホのビットフライヤーアプリを開かなくてもリアルタイムで仮想通貨の価格を確認することができます。自分が使用しているスマホの端末の設定からウィジェット機能を追加することができますので、ウィジェット機能の使用を設定しましょう。

入出金方法

日本円の入出金管理をスマホアプリから簡単に行うことができます。

アプリ起動後の「ホーム」の下にある「入出金」をタップすると、入出金ができるページに移動しますので、そこから入出金したい通貨をタップし、入金・出金のどちらかをタップすると、入出金することができます。

販売所での売買方法

アプリでも同様にビットフライヤーで取り扱っている上記で紹介した仮想通貨の取引を行うことができます。

トップページの販売所形式をタップすると、自分が選択した仮想通貨のチャートや取引画面を閲覧することができます。

その画面下には仮想通貨取引手続きの画面が表示されていますので、「買い」「売り」のどちらかをタップし、売買することができます。

取引所の売買方法

こちらも上記同様にトップページから取引画面に移動し、取引板の下には同じように仮想通貨の注文画面が表示されていますので、取引したい数量を入力か選択し、「売る」「買い」ボタンをタップして注文を確定させましょう。

ビットフライヤー(bitFlyer)のやり方【FX取引】

ビットフライヤーでは、仮想通貨のFX取引ができます。ここからは、ビットフライヤーでのFX取引のやり方などを説明していきます。

証拠金口座に入金

ビットフライヤーで口座開設後、アカウントに口座の入金を済ませている状態であれば、いつでも取引可能です。口座に入金が済んでいる場合は証拠金口座に必要な資金を移動させましょう。

トップページ左側のメニューから「入出金」ボタンをクリックし、画面を下にスクロール、入金する資産の選択と数量を入力すると入金完了となります。

同じメニュー画面から日本円の入出金やレバレッジの変更を行うことも可能となります。

レバレッジの設定

先ほど紹介したレバレッジの設定ですが、メニュー画面からレバレッジの変更をクリックし、レバレッジの倍率を上げることでレバレッジを変更することができます。

レバレッジの倍率を3倍以上にしたい場合は本人確認完了後、アカウントクラスをグレードアップさせる必要がありますので、先にグレードアップさせてから取引することをおすすめします。

ビットフライヤー(bitFlyer)の注意点

ここからはビットフライヤーのデ注意点をいくつか紹介します。

三井住友銀行以外の手数料が高い

ビットフライヤーは日本円の出金手数料を三井住友銀行だと3万円以下は220円、3万円以上は440円の手数料に設定されていますが、その他のみずほやUFJなどの銀行の場合は3万円以下は550円、3万円以上は770円に設定されており、かなり高く設定されています。

「たった数百円の手数料別に気にしない!」という方は別の銀行口座で登録していても問題はありませんが、これから何回も何十回も出金する可能性がありますので、私はビットフライヤー登録前に三井住友銀行口座を作ることをおすすめします。

そんなビットフライヤーの手数料に関して詳しく知りたい方は、下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

ビットフライヤー(bitFlyer)の手数料 ビットフライヤー(bitFlyer)の手数料を全種類解説!他社比較やお得に取引する方法について

まとめ

ここまでで、ビットフライヤーの使い方について徹底解説してきました。ビットフライヤーは2014年から運営しており、これまでにハッキングトラブルが起きていない分、信頼度が高く安心して利用することができる取引所です。

ビットコインなどの仮想通貨に興味はあるけれども、まだ始めるきっかけがない、始める勇気がない方はまず、ビットフライヤーのサービスを利用して仮想通貨を購入まではせずに、価格の流れをチェックしたり、アプリ内の仮想通貨に纏わるニュースを見るだけでも興味が今以上に湧いてくると思います。

これから狙うであろう仮想通貨の価格が急に暴落した時にすぐに購入できるためにも、今のうちに口座を開設しておくことをおすすめします。口座開設にはどうしても時間がかかってしまうものなので、チャンスを逃さないためにもこの機会に開設しておきましょう。