ビットバンク(bitbank)の使い方を徹底ガイド!登録・入金から取引・出金までの流れについて

今から仮想通貨を始めようとする人は正直どこの取引所が良いのか、わかりませんよね。

今回こちらで紹介するビットバンクは手数料が安く、リップルやモナコインなども取り扱っている、日本で人気の高い取引所になります。そんなビットバンクでは、パソコンはもちろんのこと、スマホからも簡単に取引することができるためおすすめです。

ここからは、ビットバンクの使い方を徹底ガイドしていきます。登録・入金から取引・出金までの流れも合わせて解説していくので是非参考にしてみてください。

それでは、ビットバンクの使い方について解説する前に、まずはビットバンクとはどういう取引所なのかを解説していきます。

ビットバンク(bitbank)とは

ビットバンクとは、国内で取引されている量が国内で1位の仮想通貨取引所で、ツールの使いやすさや取引銘柄数、手数料が安い点が特徴になります。

今まででセキュリティのトラブルもなく、安定して利用できると評判です。そんなビットバンクの評判について詳しく知りたい方は、下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

ビットバンク(bitbank)の評判や口コミは?メリット・デメリットを徹底調査!【2021年最新版】

ビットバンク(bitbank)の取り扱い通貨

  • BTC
  • ETH
  • XRP
  • LTC
  • MONA
  • BCH,BCC
  • XLM

ビットバンクで取り扱っている通貨は上記の7種類になります。

これら全てどのペアの取引の際メイカー手数料-0.02%になりますので、お得に取引することが可能になります。

ビットバンク(bitbank)のメリット

ここからはビットバンクのメリットをいくつか解説していきます。

取り扱い量が多い

ビットバンクの最大の特徴と言ってもいいほどのメリットの一つが、仮想通貨の取り扱い量が多いことがあげられます

取引量が少ない仮想通貨取引所だと、そもそも売買が成立しないことがありますので、取り扱っている仮想通貨が多いことは重要なメリットであり、ポイントが高くなります。

手数料が安い

次のビットバンクメリットとしてあげられることは、手数料が安いことです

他の取引所でも手数料が安い取引所はありますが、ビットバンクの場合はビットコインだけでなく、取り扱っている全てのアルトコインで板取引ができるため、手数料が安くなります。

手数料が安いだけでなく、ビットバンクの場合手数料0円で売買できる種類も豊富ですので、かなりお得になることでしょう。

セキュリティが高い

ビットバンクの場合、ユーザーの全ての仮想通貨をコールドウォレットというところで運用しています。

そのため、外部からのハッキングだけでなく、内部に対してもセキュリティ対策が万全ですので、安心して取引することができます。

ビットバンク(bitbank)のデメリット

世界と比べると通貨の種類が少ない

現在、ビットバンクでは7種類と、国内では比較的多い種類を取り扱っていますが、世界では100種類を超える取り扱いコイン数を誇る取引所も存在しており、ビットバンクがさらに上場するには、世界レベルの取扱通貨を用意する必要があるでしょう。

イーサリアムとライトコインが日本円で購入できない

ビットバンクでは、イーサリアムとライトコインは日本円で売買することができません。

もしも、ビットバンクでイーサリアムとライトコインを購入したい場合はまずビットコインを購入後、BTC建てで取引しなければいけませんので、かなり面倒になります。

仮想通貨の簡単売買がない

他のコインチャックやビットフライヤーには、初心者でも購入しやすい「簡単売買」という機能が存在しますが、ビットバンクには販売所がないため、すぐにビットコインを購入することはできません。

簡単売買が無いということもあり、株やFXをしたことが無い人や知識があまりない人には少し難しいかもしれません。

ビットバンク(bitbank)の使い方【登録方法】

それでは、ビットバンクの使い方についてみていきましょう。ビットバンクを利用する際はまずは専用のサイトから登録が必要になります。登録にはメールアドレスを入力後、返信されたメールのURLから手続きに進むことができます。

登録手続きは基本的に5分程度で終わる内容ですが、実際に取引開始までには数日~最大数週間かかる場合がありますので、早めの開設をおすすめします。

二段階認証

登録が完了しましたら二段階認証の設定を行いましょう。

二段階認証とは、既存のパスワードの他に、ワンタイムパスワードを設定することで、ハッキング等からアカウントを守るための仕組みになります。

もちろん、二段階認証の設定をしなくても取引をすることはできますが、万が一に備えて、しっかりセキュリティ対策をしましょう。

ビットバンク(bitbank)のの使い方【入金方法】

ビットバンクには、日本円や仮想通貨を使って入金が可能になります。ご自分の使いやすい入金方法を選びましょう!

それでは、実際の入金方法を解説していきます。

まずはビットバンクにログインしていただき、画面右上の人型マークをクリックしましょう。

クリックするとメニューがいくつか表示され、その中の「入出金」ボタンをクリックしましょう。

「入出金」ボタンをクリックしたら、「日本円」「ビットコイン」「ライトコイン」などの項目がでてきると思いますので、その中の日本円「入出金」をクリックしてください。

クリックすると振込用の口座の情報が表示されますので、画面に表示されている銀行名や支店名、口座番号などを確認し、振り込みを実行しましょう。

銀行振込を行う場合は振込人名義を「入金番号+自分の名前」で入力しなければ上手く振込されませんので、注意して行ってください。

住信SBIネット銀行なら手数料なども無料ですので、お得に入金することができます。

登録が一通り完了しましたら、ログイン可能状態となります。ご自身で設定したパスワードなどを入力してサイトやアプリにログインしましょう。

どちらも画面上部に「ログインしました」と出ればログイン完了となります。

ビットバンク(bitbank)の使い方【取引方法】

ビットバンクが提供している取引は「現物取引」と「レバレッジ取引」の2種類があります

取引するにはどちらも同じビットバンクでそれぞれ別の口座が必要になります。

「現物取引」の場合はbitbank.cc、レバレッジ取引の場合はbitbanktradeにログインしてから取引を開始することができます。

現物取引

仮想通貨において、一般的な取引方法がこの現物取引になります。

現物取引はまず仮想通貨を購入→入金をして、レートをチェックしながら自分の目的の仮想通貨を購入して値上がりを待ちます。

ビットバンクの場合はこの現物取引で6種類の仮想通貨で取引できることが何よりの特徴になります。

レートはパソコンからも専用のアプリからも確認することができ、いつでもどこでも値上がり状況などを確認することができ、外出先でそのまま取引することも可能になります。

レバレッジ取引

レバレッジ取引とは、自分の投資資金を数倍~数十倍の金額まで取引することが可能な取引方法になります。

何倍もの利益を得ることができる分、リスクが現物取引よりも高くなってしまうので、初心者の人はレバレッジ取引ではなく現物取引からすることをおすすめします。

ビットバンク(bitbank)の使い方【チャートの見方】

それでは、早速ビットバンクのチャートの見方や使い方を解説していきます。

是非参考にしてみてください。

取引通貨の切り替え

ビットバンクでは7種類の通貨ペアを選択することができ、チャートを確認したい通貨を選択するだけで簡単に自分の見たい通貨のチャートを確認することができます。

ローソク足

チャートのローソク足一つ分の表示期間設定をボタン一つで切り替えすることができるため、長期的なチャートの動きを確認するときなどにおすすめです。

始値・高値・安値・終値

チャートには基本的に上記の4つが表示されています。

これを簡単に説明すると、ローソク足はトレンド系の指標の一つになり、一定の期間の値動きを2種類で表示したものです。

  • 始値:指定した期間で「最初」に取引された値段
  • 高値:指定した期間中に取引された中で最も「高い」値段
  • 安値:指定した期間中に取引された中で最も「安い」値段
  • 終値:指定した期間で「最後」に取引された値段

この4つを軸に構築されています。

チャート画面にはその他に「クロスの表示」「トレンドラインの表示」「チャート上へテキストや吹き出し、マークをつける」「ロングポジション、ショートポジションの切り替え」「アイコンの表示」「巻き尺の表示」「チャート拡大表示」「マグネットモードへの切り替え」など様々な機能を利用することができますが、全て一気に使いこなすことはほぼ不可能ですので、チャート画面は徐々に覚えていき、自分好みの表示設定へカスタムするととても取引の際役に立つのでおすすめです。

ビットバンク(bitbank)の使い方【出金方法】

ビットバンクで日本円出金するためには、入金時同様に右上の人型マークをクリック後、左のメニューに表示されている「入出金」をクリック、「日本円」の横の「入出金」をクリックし、出金手続きします。

「入金」「出金」タブから出金を選び、出金先口座を登録しましょう。

入金時同様に銀行名義とビットバンクのアカウント名義が一致していない場合は出金することができませんので、気をつけましょう。

仮想通貨の場合は「入出金」ボタンから「引出」をクリックし、ビットコイン引出先アドレスを入力後、二段階認証をすれば完了となります。

ちゃんとできているかどうかは、メニューの「引出内容を確認」をクリックすると先ほどの確認をすることができます。

まとめ

ここまで、ビットバンクの使い方や入出金の方法などを紹介、解説してきましたがいかがでしょうか?

ビットバンクは、チャート画面も比較的簡単に操作することができますので、初心者でも比較的操利用しやすくなっていますが、レバレッジ取引をする際はリスクも多いことをしっかり頭に入れておきましょう。

他の取引所同様に、口座開設をしなければ始めることができませんので、少しでも興味を持って人はまずは、公式のホームページから無料で口座開設することができますので、実際に口座開設してみてはいかがでしょうか。

口座開設事態は数分で登録が終わりますので、登録完了後、この記事を参考にして実際に取引に慣れていきましょう!